『ルフラン』の後継作となるダンジョンRPG『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』がPS4&PSVita向けとして2019年7月25日に発売決定!Switch版の発売予定は現時点でなし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』が、PS4&PSVita向けとして2019年7月25日に発売されることが日本一ソフトウェアからアナウンスされました。

先日から公開されていた謎のカウントダウンサイトは、このタイトルだったようです。

なお、3月28日(木)発売の電撃PlayStation Vol.674において、『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』の情報が掲載されており、誌面内で「※Nintendo Switch版も同日発売予定」と記載されていましたが、これは誤表記だったようです。
PS4ならびにPS Vitaのみ対応となっており、現時点でNintendo Switch版の発売予定はありません。とのことです。

3月28日(木)発売の電撃PlayStation Vol.674において、『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』の情報掲載をさせていただいておりますが、誤表記がありました。
誌面内で「※Nintendo Switch版も同日発売予定」とありますが、『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』はPS4ならびにPS Vitaのみ対応となっており、現時点でNintendo Switch版の発売予定はありません。
編集部の記載ミスにより、日本一ソフトウェア様ならびに関係各所にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫びいたします。
情報源:電撃オンライン

なお、カウントダウンサイトは3月28日 15:00に終了予定となっています。
「現時点でNintendo Switch版の発売予定はありません」とのことですが、念のためカウントダウンに注目したほうがいいかもしれません。
https://nippon1.jp/consumer/newtitle190322/

<追記>
ティザーサイトが公開されましたが、新しい情報はありませんでした。
https://nippon1.jp/consumer/galleria/


本作は、2016年6月23日にPS Vitaで発売されて、大ヒットを記録したダンジョン探索RPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の流れを汲む完全新作タイトルです。

1人称視点で迷宮を探索していく探索型の3DダンジョンRPGとなっており、『魔女と百騎兵』シリーズや前作『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』でおなじみのスタッフが引き続き製作を担当。
日本一ソフトウェアの泉達也氏がディレクター&シナリオを、原田たけひと氏がキャラクターデザインを、そして音楽を佐藤天平氏という前作と同じスタッフで開発されています。

プロローグも公開されています!

<プロローグ>
ここではないどこかの物語――。プレイヤーは魔女“マダム・マルタ”が所持する“降霊灯(こうれいとう)”に宿った魂として、彼女の命に従い、前人未踏の地下迷宮の攻略へと乗り出します。プレイヤーが率いるのは、“人”でも“動物”でもない、魔女が作り出した魔法生物“人形兵”。プレイヤーが率いる人形兵の集団=“魔女ノ旅団”が迷宮に踏み込むとき、摩訶不思議な冒険が幕を開けます――。

その他、より詳しい詳細は電撃オンラインの記事からチェックしてみてください。
電撃オンライン

スポンサーリンク