『キングダム ハーツIII』のNintendo Switch版の可能性について野村哲也氏が語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PS4&XboxOneで2018年に発売される予定の『キングダム ハーツIII』ですが、Nintendo Switch版の可能性についてディレクターの野村哲也氏がファミ通.comのインタビューで語りました。

その前に。
IGNでも野村哲也氏へのインタビューが掲載されていて、それを翻訳したIGN Japanが「『KH3』Switch版はPS4版とXbox One版の後に発売する可能性がある」といった感じで誤訳して掲載してしまったようです。
※現在はIGN Japanの記事は修正されてます。

上記のように一部メディアでSwitch版の可能性について肯定的に伝わっていることに対して、野村氏はファミ通.comのインタビューで下記のように語りました。

――そのPVで発表された内容に関して、多数の海外メディアの取材が入ったとお聞きしています。
野村 取材はかなり多かったですね。ただ、海外での取材内容が日本に伝わる際には、言っていないことをセンセーショナルな見出しにされて拡散されることも少なくありません。

――『KHIII』が、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で発売される可能性があると報じられていた件でしょうか?

野村 その取材では、『KHIII』のニンテンドースイッチ版について聞かれ、「いまは、すでに発表済みのPS4版とXbox One版での発売が最優先です。そのほかのハードに関しては、それが完成してから検討します」と答えました。

――つまり、いまは予定にない、ということですね。ハードをニンテンドースイッチに絞ったわけでもない。

野村 そうなんです。それが、「検討する」の部分を拡大解釈したのか、“発売の可能性がある”と広まってしまって。“そのほかのハード”はニンテンドースイッチだけではありませんし、それらはすべて、予定されているPS4版とXbox one版の完成後に検討するということです。

――「日本人はHDリマスター作品のXbox Oneへの対応を必要としていない」という発言があったという話も出ていますが、これもそうした齟齬が原因で広まったものでしょうか?

野村 そんなことは話していません。Xbox Oneで過去作のリマスターは出ないのかと聞かれたので、先ほどと同じように、発表済みのタイトルが優先だとお伝えしました。そして「Xbox One Xが発表されたいま、Xbox Oneへ向けて、『KHIII』発売後にそれ(リマスター版)を発表するのは、タイミング的に遅すぎると思う。とくに日本では市場的にも難しいのではないか」とお答えしました。

つまりは「検討する」の部分が日本で拡大解釈されてしまい、「Switch版を発売する可能性がある。」と広まってしまったわけです。

ファミ通のインタビューを見て分かるように、現時点ではPS4版とXbox One版の完成を優先して、他の機種はその後に検討するといった段階のようです。

スポンサーリンク