Nintendo Switch版『Cave Story+ (洞窟物語+)』の国内配信日が2018年2月8日に決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『Cave Story+ (洞窟物語+)』の国内配信日が2018年2月8日に決定しました。

海外では今年6月に配信されてますが、日本ではローカライズの関係で遅れての発売となります。
ちなみに、日本版のローカライズはPikiiが担当します。

ダウンロード版のほかに、パッケージ版も発売される予定です。
販売価格は、共に3,700円(税別)となります。

パッケージ版には初回版購入特典として、「キャラクターストラップ」と、ゲームをより楽しむための「フルカラー取扱説明書」が同梱されます。

スクリーンショット





■ストーリー
目を覚ますとそこは暗い洞窟の中。
少年は、自分が誰なのか、どこから来たのか、なぜここに一人取り残されているのか、何も思い出せない。
探索するうちに、ウサギに似た種族「ミミガー」と呼ばれる生物が生活している村へ辿り着く。

住人たちとの会話の中でミミガー達が危険な状態にいると知る。
「ドクター」と呼ばれる人間が私利私欲の為にミミガー達を利用しようと企んでいるのだ。
その脅威によってミミガー達の命、そしては種族の存続さえも危うい状態であった。

そしてまた一匹のミミガーが攫われた。次第に巻き込まれていく少年。
ミミガー達を救うため、そしてこの洞窟から脱出するため、失われた自分の記憶を取り戻すべく、独り彷徨う…

■ゲームについて
<広大なステージが君を待ち受ける>
「タマゴ回廊」や、「クサムラ」など、広大で冒険にあふれるいくつものステージに待ち受けるのは、個性豊かな敵達と、20以上のボス達です。
またプレーヤーの選択によって展開が変わるマルチエンディングを採用。
壮大なボリューム、奥深いストーリーを存分に堪能できます。

<多彩なゲームモードを搭載>
ゲーム本編の「ストーリーモード」の他、6種類のタイムアタックが可能な「チャレンジモード」などを用意しました。
ストーリーモードは『Easy/Original/Hard』の難易度を選択できるので、アクションゲーム初心者も、得意なプレーヤーもみんなが楽しめます。
巧みに作り込まれたステージと一筋縄ではいかないボス達との戦闘は、プレーヤーのチャレンジ精神に火をつけ、クリアした時には格段の達成感が味わえます。

なお、「チャレンジモード」は特定の条件をクリアすると遊べるようになり、奥深い物語以外にもやりこみ要素を詰め込んだ内容となっています。
そして本作ではローカルマルチプレイモード(2人まで)を実装しました。
ゲームの途中からでもプレーヤーを追加でき、協力し合えば、困難なステージもクリアできるかも・・!?

<好みのスタイルで遊べる>
グラフィックはHDバージョンと従来のレトロスタイルなオリジナルグラフィックスがあり、好みのグラフィックスで遊べます。
またサウンドも『Cave Story+』オンリーのアレンジを含む5種類の音源から選択できます。
ゲームの合間に一息つきたいときはオプションのJUKE BOXから音楽鑑賞ができます。

<初回版は特典付き!>
パッケージ版初回版購入特典として、キュートなキャラクターストラップ(3種類からランダムで1つ)と、ゲームをより楽しむ為のフルカラー取扱説明書を同梱します。
またパッケージ版についてはリバーシブルのタイトルシートを採用しました。
ユーザーの好みに応じてパッケージの着せ替えが可能です。

下記はニンテンドー3DS版の紹介映像です。

情報源:Pikii合同会社

Licensed and published in Japan by Pikii
Copyright (c) 2018 Nicalis, Inc. All rights reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク