Nintendo Switchの販売台数が米国で200万台を突破。9月は最も人気のあるハードに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


調査会社NPD Groupによると、「Nedendo Switch本体」が9月も米国でトップセラーのハードウェアとなりました。
これで3ヶ月連続でSwitchが1位となり、2017年3月に発売されてから7ヶ月間のうち、5ヶ月でベストセラーのプラットフォームとなりました。

Switchは米国だけですでに200万台を突破しており、初のホリデーシーズン(11月後半~年末年始)はこれから始まります。
ホリデーシーズンの1ヶ月前となる10月27日には『スーパーマリオ オデッセイ』が登場する予定ですし、さらに販売台数を増していくことでしょう。

任天堂ファミリーの「ニンテンドー3DS」と、「Super Nintendo Entertainment System:Super NES Classic Edition」と組み合わせると、任天堂のコンソールは今月のビデオゲームのハードウェア売上の3分の2を占めました。

Nintendo Switchのゲームは、Ubisoftの『Mario + Rabbids Kingdom Battle』が7位、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が10位、『マリオカート8 デラックス』が11位になりました。
また、ニンテンドー3DSの『Metroid:Samus Returns』も初登場8位にランクインしました。

情報源:Businesswire

スポンサーリンク