Nintendo Switch&Steam版『ブレイブダンジョン 正義の意味』が2019年に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch&Steam版『ブレイブダンジョン 正義の意味』が、2019年に発売されることがINSIDE SYSTEMからアナウンスされました。
両機種はほぼ同時期にリリースされる予定です。

本作は、「魔神少女」シリーズのINSIDE SYSTEMが開発を手がける、数多くの人間族と魔物族の争いが行われてきたオールド諸島を舞台にしたダンジョンRPGです。
2016年にリリースされた「魔神少女」のスピンオフ作品『ブレイブダンジョン』の続編となります。

プレイヤーはトレジャーファイターのアルなどを操作して、オールド諸島の東方にあるという魔物族の象徴「ハンプデンタワー」周辺の森を調べていきます。

ゲーム開始時に3つのシナリオが選択できる予定で、それぞれストーリーだけではなく探索やバトルシステムが異なるものになるとのこと。
3つのシナリオをクリアすると、新たなシナリオが登場します。

<開発中動画>

より多くの詳細は、公式サイトからチェックしてみてください。
ブレイブダンジョン 正義の意味 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク