Switch用ソフト『Dr. Kobushi’s Labyrinthine Laboratory』が2022年11月24日から配信開始!

スポンサーリンク


Nintendo Switch用ソフト『Dr. Kobushi’s Labyrinthine Laboratory』が、2022年11月24日から配信開始となりました。
販売価格は1,010円(税込)に設定されています。

本作は、パズルと戦略の要素に加え、印象的なキャラクターと痛烈なユーモアに満ちた魅力的なストーリーラインをミックスした、パックマンとチェスを合わせたようなパズルゲームです。

パズルは100問以上を用意!
レトロな雰囲気が特徴です。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。
※このゲームは日本語に対応していません。

レトロな名作へのオマージュと面白い会話、そして斬新なパズルの仕組みがミックスされた、頭を使う難解なパズルゲームです。
※本作は日本語に対応しておりません

レトロパズルゲームで、ファラフェルを救おう。

「こぶし博士の迷宮研究所」は、「パックマンとチェスを合わせたようなゲーム」と評されているパズルゲームです。冒険家のアイラを導き、孤独な森の奥にそびえ立つ謎の研究所から愛犬ファラフェルを救い出そうとするのです。こぶし博士の迷宮研究所」は、パズルとストラテジーの要素に加え、印象的なキャラクターとユーモアにあふれた魅力的なストーリーが特徴です。

パズルは100問以上。あなたは、こぶし博士の塔を倒すことができますか?100以上のパズルがあなたの創造力と洞察力に挑戦します。

– 新しい仲間との出会い アントンとモーリス、ジャニーン、クロウズはパペットパニックと呼ばれる、こぶし博士のタワーを監視するために作られたロボット人形の一団です。彼らと仲良くなり、パズルを解いて、誰がボスなのかを教えてあげましょう。

– 革新的で古典的なメカニック。ブロックを絡ませるなどの斬新な仕掛けと、4種類の敵ロボットのほか、おなじみのダンジョンの仕組みがミックスされたパズルです。

– 大人には難しいが、子供には親しみやすい。こぶし博士の迷宮研究所』は、パズルゲームに慣れている方にも難易度の高いパズルを提供する一方、小さなお子様にも楽しんでいただけるよう、年上のお友達やご家族にヒントをもらいながらプレイできるようなスタイルになっています。

– Fearofdarkによるオリジナル・チップチューンサウンド!

Copyright © 2022 Symbolic Software. All Rights Reserved. “Dr Kobushi®” and “Dr. Kobushi’s Labyrinthine Laboratory®” are registered trademarks of Symbolic Software.