Switch用ソフト『ぼくは航空管制官 エアポートヒーロー 羽田』が2022年9月8日に発売決定!

スポンサーリンク


Nintendo Switch用ソフト『ぼくは航空管制官 エアポートヒーロー 羽田』が、2022年9月8日に発売されることがヨドバシ.comビックカメラなどの通販サイトのリストで判明しました。
パッケージ版の販売価格は6,578円(税込)に設定されています。

本作は、管制官になって航空機に指示を出す人気シリーズ「ぼくは航空管制官・エアポートヒーロー」の最新作です。

今作がSwitchでのシリーズ初登場タイトルとなり、最新作では日本最大の空港「羽田空港」を舞台にしているとのこと。
4本の滑走路を巧みに使って、冷静沈着な判断と機転を利かせた管制指示で大空の安全を守り抜きましょう。

以下、ゲームの概要です。

概要

「ぼくは航空管制官・エアポートヒーロー」がNintendo Switchでついに登場!

■Nintendo Switch初リリースとなる【ぼく管・エアポートヒーロー】は、管制官になって航空機に指示を出す人気シリーズの最新作!

■初登場の舞台は「羽田空港」。4本の滑走路を巧みに使って、冷静沈着な判断と機転を利かせた管制指示で、大空の安全を守り抜こう!

■Nintendo Switch版は、空港や航空機の情景をこれまで以上にパワーアップして完全リニューアル!大迫力の臨場感が楽しめます!

■収録ステージは全部で16!DLCで追加ステージも続々リリース予定。
ステージごとに異なるシチュエーションに応じて、的確な管制指示を繰り出し、立体パズルを楽しもう!

空港を舞台にして航空機に管制指示を出すゲームコンセプトが人気を博し、1998年のPCゲームの発売(※)以来、20年以上愛され続けるシリーズ作です。
「ぼく管」の愛称で親しまれたシリーズ作品は、長い年月の間に多くの人に触れ、本物の航空管制官やパイロットを職業にされた方々も生まれる程の魅力ある作品です。
状況に応じて自動的に出現するコマンドを選択して、思い通りの交通整理を楽しむゲームですから、初心者の方や詳しい知識がなくても気軽に遊べられるのも、人気のヒミツです。
Nintendo Switch版は、携帯モードではいつでもどこでも手軽に楽しめ、テレビに映せば大迫力の空港が目の前に拡がります!
リアルなグラフィックとサウンドでパワーアップしたNintendo Switch版の航空管制を是非、体験してみてください!

※ぼくは航空管制官は株式会社テクノブレインのPC向けゲーム作品です。ぼく管エアポートヒーローシリーズはライセンス許諾を受けて製作発売された株式会社ソニックパワードの家庭用ゲーム機器向けのシリーズ作品です。

(C)2022 TechnoBrain CO.,LTD. (C)2022 Sonic Powered Co.,Ltd.