【噂】任天堂が新型Switchにサムスン製の有機EL採用を計画していると複数の関係者が確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂が、新型Nintendo Switchにサムスン製の有機EL採用を計画していると事情に詳しい複数の関係者が確認しました。

Bloombergの記事によると、新型Switchは今年の発売を計画しており、現行モデルより一回り大きなタッチパネルを採用。
サムスン電子傘下サムスンディスプレーは、解像度1280×720ピクセルの7インチの有機ELパネルの本格生産を早ければ6月にも開始する予定とのことです。

解像度は現行品と同じになりますが、サイズは現行モデルの6.2インチから大型化します。

任天堂とサムスンディスプレーの広報担当は、この件についてのコメントを控えました。

ほか、全文はBloomberg (日本語)Bloomberg (英語)をチェックしてみてください。

なお、任天堂はSwitchの新モデルについて「Nintendo Switchの新モデルについてですが、2月12日発売の 『スーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールド』に併せて、(マリオをモチーフにした特別なデザインのNintendo Switch本体とキャリングケースをセットにした)「Nintendo Switchマリオレッド×ブルーセット」を発売します。また、3月には「Nintendo Switchモンスターハンターライズスペシャルエディション」という特別デザインのハードも発売する予定です。このように新たなハードの発売計画があることや、Nintendo Switchが発売4年目で最高の販売台数を記録したばかりの状況において、新しいモデルを発表する予定はありません。」2021年3月期 第3四半期 決算説明会(カンファレンスコール) 質疑応答で回答していました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする