任天堂、2019年まで64GBのSwitchゲームカードの投入を延期か。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switchは、本体のスペースを減らして携帯性を高めるため、PS4のようなディスクではなくゲームカードを採用しています。

Nintendo Switchのゲームカードは、最大32GBのデータを保持できます。
この容量は、最大50GBのデータを保持できるソニーのPS4やマイクロソフトのXbox Oneなどライバルゲーム機のディスクと比較すると少ないです。

任天堂は2018年の後半に64GBのカードをパートナー開発者が利用できるようにする計画を立てていましたが、技術的な問題(品質を保証するため)のため2019年に延期になると関係者に話しています。

この延期は、一部のソフトウェアメーカー(特に大きなデータ量を持つゲームを頻繁にリリースする米国のパブリッシャー)を失望させました。
一部のパブリッシャーは、「リリーススケジュールをどうしようか。」「64GBのカードが完成するまでSwitch用の大型ゲームをリリースするのを待つかもしれない。」と嘆いています。

ただ、このような延期はSwitchにとって大きな影響にはならず、「2018年は任天堂にとって今年見たものよりも優れた一年になる。」と指摘するゲーム業界コンサルタントの声もあるようです。

以下、Wall Street Journalの記者Takashi Mochizuki‏さんのTwitterより。

なお、任天堂の主力ソフトである『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、『スーパーマリオオデッセイ』、『ゼノブレイド2』などは容量が16GB以下であり、大作ソフトでも16GB以下の容量でリリースできるソフトは増えてきています。
※上記のようなソフトは、任天堂の技術によってうまく圧縮しているという話しも聞きます。

また、一部の外部の開発者は、64GBのカードが利用可能であるかどうかにかかわらず、任天堂のゲーム機はデータ重いタイトルに適していない可能性があると話しています。

情報源:Wall Street Journal

<日本版の記事はこちら>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク