【ランキング】
ゲームブログランキング

任天堂 「ニンテンドー3DSの後継機も検討。 3DSはスイッチと並走し、当面は販売を続ける」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂の君島達己社長が2月1日、現在販売中の「ニンテンドー3DS」の後継機も検討中と発言していたことが分かりました。

同社は3月に持ち運び可能な据え置き型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発売予定で、同説明会では出席したアナリストから「利用者がスイッチを携帯型ゲーム機と意識すれば、次の機種を出す意味がなくなるのではないか」との質問があった。

 君島社長は3DSについて「スイッチとは形状や重さ、価格が違い、すみ分けができる」と強調。後継機に関しても「求められるニーズやマーケットがあるので、引き続き検討している」と述べた。
情報源:3DS後継機も検討 任天堂、どうぶつの森は4月以降配信へ

日本経済新聞からの取材に対しても、下記のように述べています。

――スイッチは持ち運びができるので、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の市場を奪うとの見方もありますが、大丈夫ですか。
 「3DSはスイッチと大きさや価格も違う。初めてゲームに触れる(子供など)エントリー層向けとして必要だ。お客さんが判断することではあるが、3DSとスイッチは並走していけると思う。当面、販売は続ける」
出典:日本経済新聞

任天堂は以前から、「ニンテンドースイッチはニンテンドー3DSの後継機ではない。3DSは今後も展開を続けていく。」と発言していて、今回もそれを強調したことになります。
スイッチは『家でも外でも遊べる全く新しい新型ゲーム機』がコンセプトですが、携帯ゲーム機とは異なるものなのでしょう。

スイッチの場合、TVモード/テーブルモード/携帯モードという3つのモードがあり、開発もそのことを考えなくてはいけなく、3DSとは開発のしかたも異なってくるはずです。
メーカーが参入しやすくなることを考えて、スイッチと3DSで展開していくのは良いことだと思います。
※全てのゲームが3つのモードに対応しているわけではありません。

3DSの後継機については検討しているだけのようですが、これだけヒットしているゲーム機ですから、後継機が登場するのも当然のことと思えます。

ちなみに、ニンテンドー3DSには派生版もあり、機能を一部削減して低価格化した『ニンテンドー2DS』や、画面が大きくなり専用ソフトも遊べる上位互換機『New ニンテンドー3DS』などが発売されています。

ニンテンドー2DS スーパーマリオパック【ホワイト×イエロー】【Amazon.co.jp限定】オリジナルストラップ付
ニンテンドー2DS スーパーマリオパック【ホワイト×イエロー】【Amazon.co.jp限定】オリジナルストラップ付

New ニンテンドー3DS ホワイト
New ニンテンドー3DS ホワイト

スポンサーリンク