NPD調べ:2017年4月の米国のゲーム販売ランキングが公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NPD調べによる、2017年4月の米国のゲーム販売ランキングが公開されました。

以下のランキングは、米国での売り上げに基づいています。

全体のランキング
  1. Mario Kart 8 Deluxe*
  2. Persona 5*
  3. The Legend of Zelda: Breath of the Wild*
  4. MLB 17: The Show
  5. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  6. Grand Theft Auto V
  7. Mass Effect: Andromeda
  8. NBA 2K17
  9. Overwatch**
  10. Call of Duty: Black Ops II
  11. Call of Duty: Infinite Warfare
  12. Horizon Zero Dawn
  13. Lego City Undercover
  14. Kingdom Hearts HD 1.5 + 2.5 Remix
  15. Lego Worlds
  16. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  17. Battlefield 1
  18. For Honor
  19. Nier: Automata
  20. Minecraft

*デジタル販売は含まれていません
**Blizzard launcherの売上は含まれていません

4月は日本産ゲームの『マリオカート8 デラックス』が1位、そして米国では4月4日に発売した『ペルソナ5』が2位、3月3日に発売した『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が3位と健闘しています。
こうした国産のゲームが頑張ってくれるのは嬉しいですね!

Nintendo Switchのランキング
  1. Mario Kart 8 Deluxe
  2. The Legend of Zelda: Breath of the Wild
  3. Lego City Undercover
  4. 1-2 Switch
  5. Puyo Puyo Tetris
  6. Super Bomberman R
  7. The Binding of Isaac Afterbirth+
  8. Just Dance 2017
  9. Skylanders Imgainators
2017年~4月までの累計セールス
  1. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  2. For Honor
  3. The Legend of Zelda: Breath of the Wild
  4. Horizon Zero Dawn
  5. Mass Effect: Andromeda
  6. Resident Evil 7: Biohazard
  7. Grand Theft Auto V
  8. NBA 2K17
  9. Call of Duty: Infinite Warfare
  10. MLB 17: The Show

2017年4月までのセールスでは、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が3位にランクインしました。
3月~4月の売り上げだけで3位なので、かなり売れたことが分かりますね。

ハードウェア部門

3月3日に発売されたNintendo Switchは、2ヶ月連続でプレイステーション4とXbox Oneを凌駕しました。

任天堂はスイッチを即座に販売していますが、ほとんどの人はまだ店頭にないと報告しています。
まだまだ米国でも品薄状態が続いているようです。
NPDのアナリストMat Piscatella氏は、「ハードウェア支出は2016年4月に比べて37%増の1億9500万ドルでした。」と述べています。

任天堂は4月にも2位のベストセラーのハードウェアを持っていました。

それは海外版ミニ・ファミコンの「NES Classic」です。
4月はNintendo Switchに続く売り上げになったとのこと。

なお、現在はNES Classicの生産終了が発表されています。
4月が最後の出荷となったようです。

情報源:April 2017 NPD: Nintendo and Persona dominate gaming with big sales | VentureBeat | PC Gaming | by Jeff Grubb

スポンサーリンク