Switch用ソフト『Yono』の国内配信日が5月3日に決定!可愛い象が主人公のパズルアドベンチャー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『Yono and the Celestial Elephants』の国内配信日が、2018年5月3日に決定しました。
販売価格は1,000円(税込)です。

本作は、Yonoと呼ばれる幼い象が主人公のパズルアドベンチャーです。

物語の舞台は帝国主義の”人間”、アンデッドの”ボーンワイツ”、テクノロジーを進化させるメカニ”が住んでいるナイチンゲール王国です。

Yonoはまだ非常に若く、トラブルから身を守ることは容易ではありません。
さまざまな経験をしながら、人とアンデッドとロボットが共存するナイチンゲール王国の豊かな歴史を探検し、問題を解決していくことになります。

象ならではのアクションを使ったパズル、RPG要素、4つの都市にあるさまざまなサイドクエスト、3つの大きなダンジョン、宝探し、少しの戦闘、人々がいっぱいいる世界の壮大な冒険を特徴としています。





以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

大きな鼻で空気や水を吸い込んで吹き出し、仕掛けを解くパズルアドベンチャー。

トランクを振って旅に出よう!
1000年に一度、星より産み落とされる世界の守り手、エレファント。
物語はヨノというエレファントがうまれ、地球に着いたところから始まる。
いざこざが絶えない人間、生と死の間に生きるボーンワイツ、テクノロジーを進化させるメカニ。
この世界に住む住人たちの起こす問題は、まだ幼いヨノには荷が重いものばかりだ。

敵を倒し、パズルを解いて宝探ししながら冒険をしよう!うまれたてのエレファント・ヨノを操作しながら、様々な種族の暮らす世界を旅して問題を解決していこう。

<特徴>
大きな鼻で空気や水を吸い込んで吹き出し、仕掛けを解くパズルアドベンチャー。
4つの都市はそれぞれ個性豊かでサイドクエストも様々!
大きなダンジョンは全部で3つ。ラスボスにたどりつけるかな?
森や洞窟を探索してお宝をゲット!
各種族と話をする中で、哲学や存在意義、権力について考えさせられることも。
失われた歴史のページを探して、エレファントと人間の物語をつなげよう。

スポンサーリンク

関連動画

海外版の紹介映像と最初の15分間のプレイ動画があるので、興味のある方はチェックしてみてください。

© Neckbolt

スポンサーリンク