Switch版『YIIK: A Postmodern RPG』が2019年1月に国内発売決定!「MOTHER」などから影響を受けた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『YIIK: A Postmodern RPG』が、2019年1月に国内向けとして発売されることが本日放送された「Indie World 2018.12.27」でアナウンスされました。
PS4&PCでもリリース予定があり、Steam版は日本語インターフェイス&字幕に対応予定です。

ちなみに、日本では架け橋ゲームズがサポートを行います。

本作は、インディーデベロッパーAckk Studiosによって開発された、海外発のジャパニーズRPGです。

物語の舞台となるのは、1999年の世紀末・・とある町プランクトンです。
主人公はある夜に失踪した女の子を探すべく、インターネットで集めた仲間と共に女の子を捜す旅に出ることになります。

「MOTHER」などから影響を受けており、トレーラーからは日本のゲームから影響を受けたと思われるシーンも多々見られます。

また、シンガーソングライターなどとして活躍する丸山ミカ氏や、『聖剣伝説2』などでお馴染みの菊田裕樹氏が音楽を提供するなど、日本とも関わりの深いタイトルとなっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク