『恐怖の世界』が「BitSummit 7 Spirits」に展示決定!伊藤潤二氏の作品から影響を受けたコズミックホラーRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PS4&Nintendo Switch&PC向けとして発売予定の『恐怖の世界 (WORLD OF HORROR)』が、2019年6月1日~2日にかけて京都市勧業館みやこめっせにて開催されるインディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits(ビットサミット・セブン・スピリッツ)」に展示されることが発表されました。

本作は、ホラー漫画界の巨匠・伊藤潤二氏の作品や、70年代から80年代までの邦画から影響を受けたローグライト・コズミックホラーRPGです。
白黒をベースにした漫画タッチのキャラクターデザインや、同氏の作品から強い影響を受けたと感じられるような数々のホラー演出、そしてクトゥルフ神話をモチーフにした超常現象的なストーリーを特色にしており、ターン制バトルとアドベンチャー要素が含まれています。

日本語だけでなく中国語、イタリア語など複数の言語に対応する予定です。

なお、当初は2019年の春ごろをめどに発売予定となっていましたが、正式なリリース日はありません。

情報源:BitSummit 7 Spirits 公式サイト

伊藤潤二短編集 BEST OF BEST (ビッグコミックススペシャル)
伊藤 潤二
小学館 (2019-02-28)
売り上げランキング: 23,012