Switch版『West of Dead』が2020年10月8日から国内配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『West of Dead』が、2020年10月8日から国内向けとして配信開始になりました。
販売価格は2,050円(税込)に設定されています。

本作は、ツインスティック操作の滑らかさと戦略的なカバーアクションを合体させた、テンポの速いカバーシューティングゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

煉獄へようこそ!遮蔽物に身を隠しながら敵を火力で圧倒しろ。かつてなくダークな西部開拓時代が登場。

1888年、ワイオミング州、煉獄。
硝煙と悪意、罪と天罰、ウェンディゴと魔女がはびこる地。そこを通る者の魂が持つ記憶、文化、信仰から、移ろう無秩序な世界が具現化する。黒服の人物の記憶しかない死者が目覚める時、神話的な結末が待つ出来事の引き金を、その死者は引く。

プレイヤーは死者ウィリアム・メイソン(声:Ron Perlman)となって、ほこりまみれの恐ろしい煉獄を下っていく。ツインスティック操作の滑らかさと戦略的なカバーアクションを合体させた、テンポの速いカバーシューティングゲームで、プレイヤー自身のスキルが問われる。手続き型生成される未知の狩場で、身を隠しながら、敵を火力で圧倒しろ。この西部開拓時代は、かつてないほどのダークさを帯びる。

© Raw Fury 2020. All rights reserved.