Switch版『ヴァスタークロウズ3~神界の龍師~』が2021年7月1日から配信開始!

スポンサーリンク


Nintendo Switch版『ヴァスタークロウズ3~神界の龍師~ (Vaster Claws 3:Dragon slayer of the God world)』が、2021年7月1日から配信開始となりました。
販売価格は3,300円(税込)に設定されていますが、2021年7月14日 23時59分までは割引価格の2,970円(税込)で購入することができます。

なお、追加コンテンツ『ヴァスタークロウズ3 SpecialPack』も本日より利用可能です。

本作は、「ヴァスタークロウズ」シリーズの第三弾タイトルとなる、部隊育成&ハックアンドスラッシュゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

究極の部隊育成&ハックアンドスラッシュ

■ストーリー
九百年続く戦乱 荒廃する世界 その元凶、《神界》の神々喰う《邪龍》
神力を宿した《人界》の二人
 ”転移の神力”《月の巫女》 ”龍殺しの神力”《龍師》
その二つの魂が共鳴し
 《人界》の兵士集まり  《神界の邪龍》に挑む・・・

あなたの役目は《龍師》や《月の巫女》の身体を借り、
《神界》を奪った《邪龍》とその配下の魔物を討伐すること
《邪龍》に喰われ、拘束された神と人々の《霊意》を解放してください

■ヴァスタークロウズについて
ヴァスタークロウズ1が2002年、ヴァスタークロウズ2を2004年に発売しました。
今回のヴァスタークロウズ3は、前作までの基本システム(部隊育成+リアルタイム戦闘)を継承しつつ、全てが進化しています。
ストーリー的な繋がりは薄いので、ヴァスタークロウズ3から遊んでも問題なく楽しめます。

■ゲームシステム
・このゲームは「部隊育成ゲーム」です。
 兵士を育て、武器を強化し、兵士の性格やスキルを踏まえ、より良い部隊を編成し、最強の部隊を作ることが遊びのメインです。
 その鍛えた部隊で、より凶悪な世界に挑んだり、ネットで他のプレイヤーの部隊と戦うことができます。

・プレイヤーは「龍師」と「月の巫女」の2キャラを操作できます。

・プレイヤーキャラを動かせば、部下の兵士が自動的に付いてきます。
 攻撃も自動で行ってくれるので、プレイヤーは戦況を見ながら「移動」のみを行います。
 部隊の指揮官のような感覚で遊んでみてください。

■唯一無二のゲームエンジン
このゲームは弊社が独自に開発したエンジン「Lixel2(ライセルツー)」で描画しています。
Lixel2はGPUを利用しないため、Nintendo Switchでも低燃費、低発熱を実現しました。

■細部まで手作りし、工芸品のようなゲームに
描画だけでなく、ゲーム全体も丁寧に設計し、作り込むことで、ゲーム中の読み込み時間が「ゼロ秒」に感じられるようにしました。
ストレス無くゲームに没頭できます。

©Mediascape Co., LTd. / StudioGIW