Nintendo Switch用ソフト『Unbox: Newbie’s Adventure』の国内配信日が2月15日に決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『Unbox: Newbie’s Adventure』の国内配信日が、2018年2月15日に決定しました。
販売価格は3,240円(税込)です。

PS4では昨年12月22日に日本語版が配信されましたが、Switchでも(日本語版が)少し遅れてのリリースとなります。

本作は、意識がある自動配達ダンボールをテーマにしたオープンワールド型のアクションゲームです。
主人公は可愛らしくコミカルな「ダンボール」で、コロコロとした独自の動きが特徴となっています。

シングルプレイモードでは、熱帯の島から凍てつく雪山まで3つの広大なワールドを飛び回って冒険できます。
4種類のゲームモードと11種類のマップに対応したマルチプレイモードでは、ローカル通信で最大4人での対戦が楽しめます。

ちなみに、海外ではSwitch版が先行配信されていて、パッケージ版もリリースされるほどの人気のあるタイトルになっています。
※日本語に対応しているのは、2月15日に配信されるダウンロード版です。

<ストーリー>
グローバル・ポスト・サービス(GPS)は大手郵送会社だが、倒産の瀬戸際にあった。
不思議なことに、GPSは自動配達ダンボールの開発に成功し、全世界に自動で荷物を配送できるようになった。
これにより、GPSは人間の従業員を急速に解雇していった。
ストーリーは、最新型のボックスであるニュービーが誕生するところから始まる。
はたしてニュービーはGPSの壊滅を狙うならず者のボスワイルドを阻止し、危機に瀕したGPSと配達の世界を救えるだろうか。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

意識がある自動配達ダンボールをテーマにしたコメディタッチのアクションゲーム『Unbox: Newbie’s Adventure』
ついに人類は宅配便自動化の野望を実現しようとしている!
自動配達ダンボールの開発に成功したのだ!

新品の香りがするでき立てほやほやの自動配達ダンボール、
ニュービーをコロコロ転がしまくって、広大な世界を自由自在に飛び回ろう。

シングルプレイモードでは、熱帯の島から凍てつく雪山まで3つの広大なワールドを飛び回って冒険できる。
個性豊かな仲間のボックスたちとともに、荒くれボックスのボスワイルドを倒して(配送業界の)世界を救おう!
仲間を助けると、カスタマイズできるボックスの外見も増やせる。
最初は地味なダンボールのニュービーも、派手にカスタマイズできるぞ!

4種類のゲームモードと11種類のマップに対応した
画面分割のマルチプレイモードでは、最大4名での対戦を楽しめる。

紹介映像もあります。

© Prospect Games 2017

スポンサーリンク