東洋経済オンライン:任天堂スイッチ、見えてきた「勝利の方程式」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋経済オンラインに、任天堂スイッチ、見えてきた「勝利の方程式」 という記事が掲載されています。

「正直、ホッとしている」。4月27日に行われた任天堂の2016年3月期決算発表会見で、君島達己社長はそう心境を吐露した。普段から落ち着いた対応を見せる質疑応答でも、この日はやや饒舌になる場面が見られた。

君島社長を安堵させたのは、3月3日に発売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が好調な出だしを見せたことだ。発売前の段階では3月末までの約1カ月間で200万台の出荷を計画していたが、実績はそれを上回る274万台となった。現在でも各国で入荷待ち状態が続いており、需要の天井は見えていない。

スイッチの立ち上がりにおいて懸念されていたのが、同時発売ソフトのラインナップの弱さだった。それを払拭したのが『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』だ。ゲーム世界内を自由に動き回れる「オープンエアー」と呼ばれるシステムが評価され、複数のゲームレビューサイトで高評価を連発した。
情報源:東洋経済オンライン

Nintendo Switchが好調なスタートを切り、君島達己社長は「正直、ホッとしている」と心境を吐露したようです。
今までよりも饒舌になる場面も見られたとのこと。

君島さんは2015年9月に任天堂の取締役社長に就任しました。
社長に就任してからのニンテンドースイッチの発売ということで、相当なプレッシャーもあったのかもしれません。

スイッチの販売台数はWiiに迫る勢い

任天堂が発売したゲーム機の中で最も売れたのは累計約1億台を販売した「Wii」で、発売2年目の販売台数は1861万台だった。スイッチはその水準にどこまで近づけるかが焦点となりそうだ。

君島社長は「1000万台という計画の根拠となる方程式はない。あえて根拠を申し上げれば、これから出る自社ソフトやほかのソフトメーカーの作品が支持され、それらがどれだけ販売を牽引するかを考えた。かなりWiiに近い勢いになるのではないか」と手応えを話す。

また、大幅な増収予想にもかかわらず利益水準が低いのではないかという質問について、君島社長は「今年はそれなりのプロモーションや宣伝費をかけていく。営業利益650億円という水準は決して簡単なものだとは思っていない」と補足。ここ数年絞り込んでいた広告宣伝費も積極投入する姿勢を示した。
情報源:東洋経済オンライン

Wiiの発売2年目の販売台数は1,861万台でした。
Switchは、今年4月から来年3月までに1,000万台の出荷を目指します。
Wiiの累計販売台数1億152万台に近づくために、今期でどれだけ売り上げを伸ばすかに期待がかかりそうです。

同記事では最後に、自社ゲーム機を普及させ、ソフトの販売で利益を稼ぐことが「勝利の方程式」。順調なスタートを切っているスイッチの勢いをどこまで続けられるかが、任天堂全体の今後を左右する。と締めくくっています。

今年だけでも『ARMS』『スプラトゥーン2』『スーパーマリオ オデッセイ』などの大型タイトルが発売予定なので、今の勢いのまま突き進んで欲しいですね!

スポンサーリンク