Switch版『Theme Park Simulator』が海外向けとして2020年4月17日に配信決定!テーマパークシミュレーターゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Theme Park Simulator』が、海外向けとして2020年4月17日に配信されることがパブリッシャーのBadLand PublishingとデベロッパーのBest Ride Simulatorsから発表されました。
デジタルのみでのリリースとなります。

本作は、Best Ride Simulatorsによって開発された、テーマパークシミュレーターゲームです。

観覧車、バンパーカー、2つのジェットコースターなど、最も象徴的な遊園地の11種類の乗り物を制御し、リアルタイムで管理しましょう。
11種類の乗り物は3人称または1人称視点で楽しむことができ、乗客の目を通して体験することも可能です。

【特徴】
■11種類の乗り物:観覧車、バンパーカー、Inverter、Tagada、Amor Express、Wild Mouse、ツイスター、Tokaido、バイキング船、テクノジャンプ、Kamikaze
■シンプルでリアルなコントロールシステムを通じて、各乗り物の速度、方向、モーションパターンを管理します。
■乗客の視点を反映するカメラを含め、いつでもフリーカメラまたはさまざまなプリセットビューを選択できます。
■タッチスクリーンでバンパーカーを運転!
■ライトと煙のエフェクトをアクティブにして、乗客を驚かせ、乗り物の装飾を変えましょう!
■観客はあなたの決定にリアルタイムで反応します。速度を上げて各乗り物のモーションパターンを変更すると、彼らの悲鳴が聞こえます。

経由:Nintendo Soup

スポンサーリンク