Switch版『The Stillness of the Wind』が2019年2月7日から配信開始!スローライフ系のアドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『The Stillness of the Wind』が、国内向けとして2019年2月7日から配信開始となりました。
販売価格は1,280円(税込)に設定されています。

<日本語字幕付 紹介映像>

本作は、穏やかな農場を舞台としたスローライフ系のアドベンチャーゲームです。

プレイヤーは、年老いた老婆Talmaの役割を担います。
Talmaを除くみんなが、賑やかだった村を出て都市に行きました。
高齢な彼女の終わりは近づいていますが、生き方を変えるつもりはありません。

この農場で穏やかな余生を過ごしていくのが、貴方の目的となります。

ヤギを飼ったり、牛乳でチーズを作ったり、卵を集めたり、食事を作ったり、野菜を栽培したり、ときには行商人と物々交換していきます。

ときどき、遠くの家族や友人から手紙が届くこともあります。
手紙に思いを馳せるのも良いでしょう。

残されたお婆さんの余生をどう過ごすかは貴方次第です。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

誰かの最期の時間を体験するということ静かな風の流れさえも感じるアドベンチャーゲーム

『The Stillness of the Wind』は、とある女性の最期の時間を体験するシミュレーションアドベンチャーゲームです。
かつて、「タルマ」は家族にも恵まれ、子どもたちの声で賑やかな村で暮らしていました。
しかし、1人、また1人と村を去っていき、今では年老いた彼女だけがそこで暮らしています。

ヤギやニワトリを世話して、野草を採り、植物を育てて…タルマの残り少ないゆるやかな時間が流れ続けていきます。
時々送られてくる手紙に、遠く離れた家族や友人へ思いを馳せながら、タルマだけが感じられる風の静けさ。
それをあなたも体験してみましょう。

<ゲームの特徴>
◆ゆるやかでリラックスした時間
このゲームでは何かに追われたり、急かされたりすることはありません。
タルマを通じて「The Stillness of the Wind(風の静けさ)」を感じるような体験が詰まっています。

◆時間の過ごし方は人それぞれ
ヤギを世話してミルクからチーズ作りをしてみたり、種をまいて野菜を育てたり、農場でできることはさまざま。
日暮れには家に帰り、料理を作って夜を過ごしましょう。

◆他の時間を伝えてくれる手紙
タルマに会いに来てくれる旅の商人から
手紙を受け取ることができます。
家族や友人からの手紙が、他の場所で流れている時間を見せてくれます。

スポンサーリンク