『ゼルダの伝説 夢をみる島』はスペインで今年2番目のベストビデオゲームに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Vandalが、2019年9月16日から9月22日までのスペインの販売ランキングを公開しました。

最新の販売チャートによると、Nintendo Switch版『ゼルダの伝説 夢をみる島』は発売時に47,000本以上を販売し、PS4『キングダム ハーツIII』の59,000本に次いで、2019年では2番目に優れたビデオゲームの発売となりました。

『ゼルダの伝説 夢をみる島』は、ポケモンLet’s GO、大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL、スーパーマリオ オデッセイに次いで、スペインで4番目に優れたSwitchゲームのローンチでもあります。
シリーズ作である『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のほうも1350本を販売し、夢を見る島のおかげで僅かに後押しを受けました。
累計販売数は299,300本としています。

また、Nintendo Switch Liteの最初の売上高も公開されています。
Switch Liteは、発売時に7550台を販売しました。
ターコイズは3400ユニットで最も人気があり、グレーが2100ユニット、イエローが2050ユニットで続いています。

オリジナルモデルが同じ週に3400ユニットを販売したため、Nintendo Switchファミリーは合計で10,950の販売を記録したことになります。

情報源:Nintendo SoupVandalresetera


ゼルダの伝説 夢をみる島 完全攻略本
徳間書店
売り上げランキング: 50