『ボイド・テラリウム』『ハコニワカンパニワークス』 『ロゼと黄昏の古城』『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』のグラフィックスを集めたアートブック「The Artworks of Masayuki Furuya’s Vision 日本一ソフトウェア 古谷優幸の世界」が4月17日に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』『ハコニワカンパニワークス』 『ロゼと黄昏の古城』『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』のグラフィックスを集めたアートブック「The Artworks of Masayuki Furuya’s Vision ~日本一ソフトウェア 古谷優幸の世界~」が、2020年4月17日(金)に発売されることが日本一ソフトウェアから発表されました。
販売価格は3,400円+税に設定されています。

本書初公開のものも含め数多くのイラストを収録し、古谷優幸氏による開発エピソードやコメントも掲載。
関わったタイトルの魅力や舞台裏にも触れることができるイラスト集になっているとのことです。

●主な内容
・描き下ろしカバーイラスト
・各種パッケージイラスト
・各タイトルのキャラクターイラスト、ラフ、設定等

一二三書房では予約受付が開始されており、店舗特典としてカバーイラストを使用したB5サイズのポストカードが付属します。

プレスリリース記事はこちら

<更新>
Amazon.co.jpでも予約開始です!