Switch版『大正×対称アリス』が発売決定!鏡の国で、性別が逆転した童話の主人公たちとの恋をする女性向けアドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『大正×対称アリス』が、Nintendo Switch向けとして発売されることが現在発売中の雑誌「ビーズログ3月号」で発表されました。

本作は、Primulaより2015年に発売された、PC向けの全年齢対象女性用アドベンチャーゲームです。
2016年6月2日には『大正×対称アリス all in one』というタイトルでPSVita版も発売されておりますが、Switchにも登場することになりました。

Switch版はシリーズ最高解像度でタッチスクリーンもサポートし、追加要素などもあるとのことです。

下記にPSVita版の概要があります。

これは王子様を救うおとぎ話。

「大正×対称アリス」は、女性向けコンテンツブランド「Primula」より2015年に発売された全4巻の恋愛アドベンチャーゲームです。
各攻略キャラクターの物語はそれぞれが独立した物語で、キャラクターの立場や関係性も異なるオムニバス形式となっています。
「シンデレラ」「赤ずきん」「白雪姫」などの童話をモチーフに展開される物語は、性別や性格を始めとした童話の設定が逆転していて、
プレイヤーは各童話のヒロインとなり、攻略キャラクターの心の傷を癒し、歪んだ世界を正常に導いていくことになります。
大正時代のような世界で紡がれていくちょっと不思議で歪な物語が、早くもPS Vitaに登場です!

■全4巻がひとつになってPS Vitaに登場!
PS Vita版では、全4巻をワンパッケージに収録!
また、PS Vitaのホーム画面用にデザインされた「壁紙集」や、お気に入りのボイスを集めるだけでなく、
集めたボイスの再生順を自由に変更してプレイヤーだけのオリジナルボイスドラマを作れる「ボイスコレクション」も搭載しています。

■豪華声優陣によるフルボイス!(主人公を除く)
メインキャラクターを演じるのは、平川大輔、前野智昭、増田俊樹、江口拓也、蒼井翔太、羽多野渉、松岡禎丞の豪華声優陣。
サブキャラクターにも、花江夏樹、橋詰知久、嶋村侑をはじめとした人気声優が声をあてており、物語を臨場感たっぷりに彩ります。

■快適なタッチ操作&「色合い調整機能」対応!
タッチスクリーンへのフル対応により、メッセージ送り、選択肢の決定、スキップ&巻き戻し、選択肢ジャンプなどのあらゆる操作がスマー
トフォン感覚で自由自在。
また、PC版の色味に近づける「色合い調整機能」により、PS Vita 2000でも美しい発色でお楽しみいただけます。

スポンサーリンク