ニンテンドースイッチ本体が盗難被害にあっていたことが判明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、発売の2週間前に「ニンテンドースイッチ」を入手したという人が現れましたが、Nintendo of Americaによれば米国内で『スイッチ本体』が盗難被害にあっていたそうです。

海外メディアに伝えられた同社声明によると、米国内の不特定の販売店で、少数のニンテンドースイッチ本体がユーザーに売られていたとのこと。これらは別の事件において流通業者の従業員に盗まれた在庫で、違法に転売されたものもあるということです。
この行為に関与した人物らは既に特定され、勤務先から解雇の処分を受けるとともに、警察当局が刑事責任の捜査を進めていると任天堂は報告しています。
先週、ネット上では、ニンテンドースイッチ本体の開封やセットアップの映像が動画サイトにアップロードされ、ユーザーから注目を集めていました。
情報源:インサイド

すでにこの行為に関与した人物らが特定されて、刑事責任の操作が進まれているとのことです。

スイッチは3月3日に全世界で発売されますが、今後もフラゲ報告が続々と出てくると思います。
3月3日に発売する、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のネタばれが上がってくる可能性もあります。

インターネットを利用する際は、十分に気をつけたほうが良いと思います。
なお、当サイトでは発売前ソフトのストーリーのネタばれなどは出来るだけ行いませんので、安心してご利用ください。

【関連リンク】
海外掲示板NeoGAFでニンテンドースイッチを入手したという方が現れる
Nintendo Switchのキャラクターアイコン選択画面がリーク。

ニンテンドースイッチを予約
Amazon
楽天市場