シリコンスタジオ『Nintendo Switch』向け開発環境における任天堂との開発連携を強化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンターテインメント業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開するシリコンスタジオが、任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」用SDKの開発に際し、技術提供をしたことが分かりました。
公式リリースで判明しています。

シリコンスタジオは、長年にわたり任天堂ゲーム機向け開発環境の共同開発及び、技術提供等を通じて任天堂と緊密な関係を築いてきた企業です。
シリコンスタジオのゲームツール、シェーダー開発、ならびにミドルウェア開発技術等を用い、Nintendo Switchのソフトウェア開発に必要な複数の要素を任天堂と協力して構築していくとのことです。

また、ポストエフェクトのミドルウェア製品「YEBIS」、40以上の開発ツールを備えたオールインワン型ゲームエンジン「OROCHI」、及び2017年4月に正式リリース予定の次世代型ゲームエンジン「Xenko」においても、「Nintendo Switch」への対応を加速していくとのことです。
これによって、ニンテンドースイッチでよりゲームを開発しやすい環境になることでしょう。

【関連リンク】
ポストエフェクトミドルウェア YEBIS 3
国産オールインワンゲームエンジン OROCHI 4
Xenko Game Engine

なお、シリコンスタジオは任天堂のパートナー企業に以前から参加しています。
今回はどのようにNintendo Switchをサポートしていくのか発表したことになります。

こうした開発技術の提供をニュースを受けて、シリコンスタジオ<3907.T>の後場急伸したというニュースも入ってきてます。

ニンテンドースイッチを購入
Amazon
楽天市場

スポンサーリンク