『スーパーマリオ オデッセイ』 体験会で明かされた注目ポイントまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1月14日のSwitch体験会で、『スーパーマリオ オデッセイ』の最新情報が公開されました。
体験会で公開された情報をまとめます。

Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
© Nintendo
▼公式サイト▼

スポンサーリンク

コースについて


【コースクリア型3D】
・スーパーマリオギャラクシー
・スーパーマリオギャラクシー2
・スーパーマリオ3Dランド
・スーパーマリオ3Dワールド

与えられたミッションをクリアしていくタイプ。
広大なマップを用意されているのはどちらも同じだが、箱庭探索型のほうがより自由度は高い。

【箱庭探索型3D】
・スーパーマリオ64
・スーパーマリオサンシャイン

一つのマップを舞台に、自由に探索してゴールを探すタイプ。

今回の『スーパーマリオ オデッセイ』は、約15年ぶりの箱庭探索型の3Dマリオ最新作です。
『スーパーマリオ64』は、様々な絵の中に入って冒険していきました。
『スーパーマリオサンシャイン』は、南国リゾートが冒険の舞台でした。
後述しますが、マリオオデッセイでは、キノコ王国を飛び出して冒険を繰り広げいくことになります。

今回のアクション

3Dマリオではお馴染みのアクションが今作でもできます。
『帽子投げ』に関しては、今作初登場のアクションです。

・3段飛び
・走り幅飛び
・バック宙
・ヒップドロップ→ジャンプ
・木登り
・ボディアタック
・帽子投げ

『帽子投げ』は今作の新アクションで、帽子を投げることができます。
帽子の上に乗って、さらにジャンプも可能です。

PVでは、クッパも帽子投げを使っていました。

ステージについて

【建物】

建物の中には扉から入ることができる。
遠くにある塔にも入ることができる。
行ってみたいと思うところがたくさんある箱庭ステージになっている。

【都市部】

こういった行ってみたい所がたくさんあるそうです。
人を踏んでみたりもできるみたい。
マリオシリーズでは、こういった人間らしい人が登場するのは非常にめずらしいです。

ストーリーと冒険の舞台

【ピーチ姫】
今回もピーチ姫がさらわれてしまう。
今回はクッパが正装しているなど、今まで以上に本気になっているとのこと。

【冒険の舞台】
飛行船に乗ってマリオはとある地球を冒険する。
今回はキノコ王国を飛び出すようです。
都市部があるのも、これが理由でしょう。

『マリオギャラクシー』のように宇宙自体が舞台ではなく、宇宙の惑星一つ一つが舞台なのかも。

【野菜の国】
色とりどりの野菜の国。
野菜を引っこ抜くマリオは、まるでスーパーマリオUSAのようです。

【森のステージ】
木漏れ日なども表現しているとのこと。
今回はマリオの表情にもこだわっている。
帽子も取ることができ、帽子を取った姿にも注目とのこと。

ちなみに、『スーパーマリオ64』でも帽子を鳥やサルに奪われたり、強風によって飛ばされることがあった。
奪われたまま冒険することもできたが、その状態だと敵から受けるダメージが増加した。
帽子を奪われた状態でセーブすることもでき、その後は帽子なしで進むことも可能でした。
帽子を無くしたステージに行けば、後から取り返すこともできます。

【クリボー】
ヘルメットをかぶったクリボーがいるエリア。
雨の表現などにも力を入れている。
ヘルメットをかぶっていますが、踏みつけて倒すことができるのか気になりますね。

帽子がキーワード?


帽子に顔をついたキャラクターが本作のキーキャラクター。
今はまだこのキャラについて詳しくは言えない。とのこと。
マリオといえば赤い帽子なので、かなり重要なキャラになるのかもしれない。

最後に

マリオがとある地球を冒険すること。
帽子に目をつけたキャラクターが登場すること。

この二つを覚えていて欲しいそうです。

サンシャイン以来となる、約15年ぶりの箱庭3Dマリオ新作です。
マリオシリーズではめずらしく、都市部のようなステージも登場したりと、凄く面白そうです。
観光気分で、色々と周ってみるのも面白いそう!
『スーパーマリオ64』のような衝撃を与えてくれる作品となりそうです。

スーパーマリオオデッセイは、2017年冬に発売予定となっています。

スポンサーリンク