Switch版『スーパーロボット大戦V』の発売日が2019年10月3日に決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch『スーパーロボット大戦V』の発売日が、2019年10月3日に決定したことが今日発売された「週刊ファミ通 2019年8月8・15日合併号」で発表されました。
販売価格は通常版とダウンロード版が7,600円(税抜) 期間限定版(ダウンロード版)が11,600円(税抜)です。

期間限定版の詳細は不明です。

そしてPC(Steam)版はダウンロード専売で、発売日は未定。価格はオープン価格です。

『スーパーロボット大戦V』は、2017年2月23日にPS4&PSVita向けとして発売されたシミュレーションRPGです。

移植版となる本作には、PS4&PSVita版で追加コンテンツとして販売されたボーナスシナリオが完全収録されています。
全20話分(税込3150円)のシナリオがプレイできるので、本編と共にボリュームたっぷりに遊べます。

【早期購入特典 (早期3大特典)】
①プレゼントシナリオ スペシャルスターターパックV
②ラブリー・プレゼントV
③スペシャル参戦オリジナルロボット”グルンガスト”&ヒュッケバイン”がゲーム序盤から使用できる
※ボーナスシナリオ”結成、特別編成チーム”クリアで入手できる特典もあり
※早期3大特典は通常版・限定版共に付属します。

<ほか>
・現在の開発状況は95%
・Steam版はマウスとキーボードでも操作できる

<更新>
スーパーロボット大戦Vの公式サイトがオープンしました。

スポンサーリンク