【更新】Switch版『Stories Untold』が2020年1月23日に国内配信決定!ミステリーアドベンチャーゲームの傑作

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Stories Untold』が、国内向けとして2020年1月23日に配信されることが架け橋ゲームズから発表されました。
販売価格は980円(税込)に設定されています。

本作は、グラスゴーに拠点を置くデベロッパーNo Codeによって開発され2017年2月にPC向けとしてリリースされた、ストーリー中心の傑作ミステリーアドベンチャーゲームです。
スタイルは古典的なテキストアドベンチャーですが、テキスト入力だけではなく、ポイント・アンド・クリックなどの操作も加わっています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

4つの物語と1つの悪夢
新鮮な恐怖が詰め込まれたテキストアドベンチャー

『Stories Untold』は、1980年代に流行したスタイルを取り入れたテキストベースのホラーアドベンチャーゲームだ。
画面に表示されるのは「4つの物語と1つの悪夢」と記された1本のビデオテープ。
ひとつの物語を体験すれば、新たな物語が開かれていく。

古びたパソコン、見慣れない実験室、極寒の観測所…
鋭く突き刺さる鮮やかなホラーがさまざまな場所からやってくる。

そして、謎を解き明かしながら物語を進めていくうちに生まれる“違和感”。
それはやがて実体となり、今までに味わったことのない“恐怖”としてあなたを待ち受けている。

<ゲームの特徴>
◆謎に満ちあふれた4つの物語
「棄てられた家」「ある実験」「観測所にて」「最後の治療」
舞台や設定の異なる物語とパズルをそれぞれ体験しよう。
ビデオジャケットに記された「4つの物語と1つの悪夢」の意味を知るとき、これまでにない恐怖があなたに降りかかる。

◆1980年代を想起させるテキストアドベンチャー
与えられた単語を組み合わせて主人公の行動を決定していこう。
現代だからこそユニークに感じられる謎解きや、テキストを読んでいるだけだからこそ味わえる新鮮な恐怖。
さらに、レトロで良質なサウンドが極上のホラーを形作っていく。