『STEINS;GATE』の物語が始まった日から今日で10年に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『STEINS;GATE』の物語が始まった日から今日で10年になったと、科学アドベンチャーシリーズの公式Twitterアカウントで言及されました。

これを記念し、公式サイトでは下記のようなメッセージが共有されています。

「STEINS;GATE」における7月28日

2010年7月28日。
『STEINS;GATE』の物語が始まる日。

一通のメールから世界線が大きく変動し、やがて世界規模の”未来への選択”を委ねられる岡部たち。

その物語はアドベンチャーゲームだけでなく、アニメ、小説、漫画、舞台と様々な形で展開され、「世界線」という言葉を多くの人へ認知させた。

ゲームは『STEINS;GATE ELITE』として生まれ変わり、さらなるメディアミックスとしてハリウッドドラマ化も進行中。
そして、『STEINS;GATE』の世界線は科学アドベンチャーシリーズ最新作『ANONYMOUS;CODE』へと繋がっていく。

2020年7月28日。
岡部と紅莉栖が邂逅したあの夏から10年。
『STEINS;GATE』の”物語”は終わることはなく、今も、これからも続いていく。

ちなみに、昨日7月27日には『STEINS;GATE』シリーズを語るうえで欠かせない重要人物(要素)の一つであるJOHN TITORTがTwtterに現れ、謎のつぶやきを残しています。

このアカウントのツイートは科学アドベンチャーシリーズのTwitterアカウントがリツイートしているため、科学アドベンチャー関係 公式のものだと思われます。

なお、現時点でJOHN TITORTがTwitterに現れた詳しい理由は不明ですが、「作戦開始は椎名まゆりがメタルうーぱを手に入れてしまう少し前。7月28日11時。念のため、以降1週間を目途として実施する」と何か(作戦)の予告をしているので、今日にも同シリーズに関する新しい動きがあるかもしれません。

「STEINS;GATE 10th Anniversary」プロジェクトは現在も進行中なので、これ用の新しいプロジェクトかもしれないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク