Switch&PC用ソフト『Spinch』のgamescom Trailerが公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch&PC用ソフト『Spinch』のgamescom Trailerが、パブリッシャーのAkupara GamesとデベロッパーのQueen Bee Gamesから公開されました。

下記から動画をチェックすることができます。


本作は、Spinchという不思議な生き物を主人公とした、サイケデリックな世界を特徴とするアクションゲームです。
ダッシュやジャンプなどさまざまなアクションを駆使して、エキセントリックなボスと戦いましょう。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

物質的な境界を超越せよ、そう君は真の形状、Spinch(スピンチ)となる。スピンチとは、散り散りになってしまった数多くのベイビーたちを救い出す冒険の旅に挑む超絶敏捷有機生命体だ。これはカナダ人アーティスト、ジェシー・ジェイコブスの描き出した世界を舞台とした、横スクロールでサイケデリックな驚異のアクションゲームだ。

【主な特長】
•レトロ感たっぷりのビジュアルワンダーランド。世界で高い評価を受けるカナダの漫画家Jesse Jacobsの手によるサイケデリックな色使いが炸裂
•レスポンスに優れた操作システムを備え、ファインチューニングされた横スクロールアクション。ダッシュや回避、ジャンプを使いこなし、ネオンカラーの蜘蛛や虹色の巨大なミミズ、爆弾を投下してくるムーンドッグの攻撃をしのぎつつ生き延びよ
•ネオンカラーの草原や実験用水槽、氷の雪世界、さらには宇宙に至るまでのサイケデリックでユニークな世界に身を投じよう
•得体の知れないボスと対決!自分の子供を弾にして敵を撃破せよ
•誰もがプレイでき、周回もOK。マニアならタイムアタックも楽しめる
•サウンドトラック製作はカナダ人アーティスト、ジェームス・カークパトリック。改造ゲームボーイやサーキットベント、手作り楽器などで演奏された楽曲を提供してくれた。

【このゲームについて】
泡立つほど濃いサイケデリックな世界にようこそ。不思議新しい生態系が広がる世界にようこそ。怪しく光るステージ、複雑な障害物の数々、攻略ルートはいくつも存在する…物質的な境界を超越せよ、そう君は真の形状、Spinch(スピンチ)となる。いびつで面妖、見慣れた動植物とはまるで違うとおぼしきモノ達が襲い来る世界で、散り散りになってしまった数多くのベイビーたちを救い出す冒険の旅に臨む超絶敏捷有機生命体、それがスピンチだ。

昔懐かしいゲームの「理不尽な難易度」、スピンチでは反射速度を研ぎ澄ます必要がある、タイミングを完全にマスターできるまで、何度も何度も同じセクションをプレイすることになるだろう。ダッシュ、しゃがむ、のぼる、泳ぐ、ジャンプ、そして「弾」として分身たちを放つ…6つの色彩過剰な世界で6体の怪異なるボスを倒すのだ。アイテムを集めていきながら、ベイビーたちを探していこう。そうそう、いとこを探すのも忘れずに。「同類」たちのベイビーシッターをしてくれてるんだが、ちょっとヘンなヤツだったりもする。あるのは時間経過タイマーとクイックリスタートのみ、ライフ制限もゲームオーバーも存在しない。このゲームは経験豊富なプレイヤーたちを大歓迎する、だが歴戦のスピードランナーでもこのゲームはカナリ手強いはずだ…

「スピンチ」の世界は、数々の賞を受賞した才能あふれる漫画家Jesse Jacobsにより作り上げられ、命を吹き込まれました。彼は緻密なラインに大胆かつシンプルなカラーパレットを組み合わせる手法で知られています。Jacobsの作品には、サイケデリックや霊的存在、異世界、テクノロジーと自然の融合などが取り入れられています。James Kirkpatrickはカナダにおける初期のグラフィティムーブメントの主要メンバーとしてよく知られている人物だ。さらにThesis Sahib名義でアヴァンギャルド・ヒップホップアーティストとしても活動。「スピンチ」にレトロなサウンドバイトやエレクトロサウンドの音風景を提供してくれた。

『Spinch』は、海外向けとして2020年9月3日に配信される予定です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク