海外でキャンセルになったSwitch版『Song of Memories』は中止になった訳ではなく検討中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月1月に、Nintendo Switch版『Song of Memories』がキャンセルになったことがパブリッシャーであるPQube Games、及びRice Digitalからアナウンスされました。

Future Tech Lab代表の個人アカウントでSwitch版『Song of Memories』がキャンセルになった理由が昨年1月に伝えられており、「ライセンス許諾先が開発に難航」したことなどが挙げられました。

このツイートを海外サイトが翻訳してニュースにしたことで、再びSwitch版についてOmote氏が言及。
「中止になった訳ではなく検討中です。」と改めてファンに報告しています。

今後については「当社が移植作業ができれば可能性は高まりますが、開発リソースと開発費の問題があるため、どう対応するか、移植作業の会社と協議中です」と述べられており、現在協議中とのこと。

『Song of Memories』のSwitch 日本版は、もともとは2018年2月ごろにダウンロード専用タイトルとして配信される予定でした。
しかし、「開発に関わる諸問題」によって2018年春ごろに延期となることが昨年2月に公式サイトで発表され、それ以降国内での続報はほとんどありませんでした。
海外でも2018年発売予定でしたが、延期となりその後にキャンセルとなりました。

検討中とのことですので、無事にSwitch版がリリースされることになるのか続報に期待したいですね。

スポンサーリンク