PS4&PS Vita&Switch用ソフト『添いカノ ~ぎゅっと抱きしめて~』が2019年2月21日に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PS4&PS Vita&Nintendo Switch用ソフト『添いカノ ~ぎゅっと抱きしめて~』が、2019年2月21日に発売されることがエンターグラムからアナウンスされました。
販売価格は通常版が6,980円(税別)、完全生産限定版が8,980円(税別)、ダウンロード版が5,980円(税込)です。
Switch版のみ、ダウンロード専用となります。

本作は、戯画から2018年1月26日に発売された、ヒロインたちと繰り広げられる学園物語が楽しめるPC向けの恋愛アドベンチャーゲームです。

移植となるPS4&PSVita版では、「千雪灯子」と「小鳥谷凛空」とのサブストーリーも収録されており、PC版をプレイした方でも楽しむことができます。
Switch版もこのサブストーリーが収録されるかは不明ですが、公式サイトでは「コンシューマー版では千雪 灯子と小鳥谷 凛空とのサブストーリーを収録。」となっていたので、3機種とも収録されるのかもしれません。

なお、本日公式サイトがオープンしており、完全生産限定版や店舗特典などの情報が公開されているので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。
添いカノ ~ぎゅっと抱きしめて~ 公式サイト

以下、本作の概要です。

概要

放課後、甘えタイム。ヒロインと育む、ゼロ距離の関係。

PlayStation4/Vita版では「千雪灯子」と「小鳥谷凛空」とのサブストーリーを収録。
原作版では語られなかったサブストーリーをお楽しみ頂けます。

■『凛空と恋人ごっこ』
「彼氏ができたときの練習」として、イメージトレーニングに付きあってほしいという凛空。
学園でおマセな友達に感化された様子だが・・・・・・!?
■『灯子のメイドご奉仕プレイ!?』
「いいものを持って来た」とご機嫌な灯子。
荷物の中身はメイド服だった。メイドになりきる灯子だが、無事に奉仕精神に目覚めることができるのか?

■あらすじ
主人公の瀬戸田拓真は、幼いころ暮らしていた町に戻ってきた。
親元を離れ、一人暮らしをする為だ。
この町には幼い頃の思い出がいっぱいある。
いつか必ず戻りたいとずっと願っていた拓真は、町唯一の進学校への編入試験合格を条件に、
念願の出戻り(+ひとり暮らし)を両親から勝ち取ったのだ!
以前住んでいたオンボロ一軒屋で、いざ新生活をスタートさせようとする拓真。
しかし思い出の我が家は猛烈に老朽化が進行していて、とても住めるような状態ではないただの廃屋と成り果てていた!
学園に通う為には、どこかに仮住まいを探したいが、なんせ金がない……

途方に暮れる拓真。 そんな時、手を差し伸べてくれたのは
\   昔の幼馴染達だった!   /
ずっとは無理だが、しばらくの間は幼馴染仲間の家にローテーションで寝泊りするという形なら、
何とか家族の同意も得られそうとのこと。
なかには嫌悪感をあらわに、絶対イヤだ!という幼馴染もいたが、それはそれと丸め込むことに成功。
こうして奇妙キテレツ常軌を逸した、かりぐらしの「はしご生活」が始まった。

予約先

・店舗特典は公式サイトからチェック!

【Amazon】
添いカノ ~ぎゅっと抱きしめて~で検索
【楽天ブックス】
添いカノ ~ぎゅっと抱きしめて~で検索
【ヨドバシ.com】
添いカノ ~ぎゅっと抱きしめて~で検索
【ビックカメラ】
添いカノ ~ぎゅっと抱きしめて~で検索
【楽天市場】
添いカノ ~ぎゅっと抱きしめて~で検索