【更新】米任天堂、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が発売から11日間で300万本を販売したことを発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月7日に発売されたNintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の売り上げに関する速報が、米任天堂から公開されました。

スマブラSPは、米国において発売から11日間で300万本以上が販売されています。
Switchソフトとしては史上最速の売り上げで、「スマブラ」シリーズとしても過去最速の売り上げを記録しています。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は400万本
『マリオカート8 デラックス』は500万本
『スーパーマリオ オデッセイ』は470万本
『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』は合計200万本
『スーパーマリオ パーティ』は140万本
以上を現在までに販売しています。

また、2018年11月現在までに、スイッチ本体は870万台が販売されました。

情報源:Nintendo of America

【更新】
Nintendo of EuropeがTwitterを更新して、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が最も速く販売されている任天堂の家庭用ゲーム機用ゲームソフトであると発表しました。