「Nintendo Switch本体」は年末まで品薄状態が続く?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月3日に発売したNintendo Switchですが、まだまだ品薄状態が続いているようです。

『マリオカート8 デラックス』が発売されたためかは分かりませんが、5月頃から勢いも上がっている感じがします。

メディアクリエイト調べによると、2017年5月8日~5月14日にSwitch本体が24,712台販売されたことが判明してます。
これはいつもの半分くらいの数字で、出荷が少なくなったことも品薄と感じる要因かもしれません。
※いつもは4万~5万台が多いです。(メディアクリエイト調べ)


<追記>
2017年5月15日~5月21日の販売台数は26,114台でした。
2週連続2万台と、やはり出荷台数が少なくなっていたようです。
5月中、品薄に感じた原因はこれ?


5月18日に放送された「ARMS Direct 2017.5.18」終了後には、『スプラトゥーン2』の予約も開始されました。
そこからさらに火がついた感じに。
本体とソフトがセットになった『Nintendo Switch スプラトゥーン2セット』はあっという間に完売してしまいました。
店頭予約分も含めて、まだ予約受付されてないショップを狙うか、キャンセル分、もしくは追加予約分を狙うしか入手する方法はないでしょう。

スプラトゥーン2の発売前に本体単品を購入したいという人も多いでしょうし、すぐに品薄が改善されるというのは難しいかもしれませんね。

品薄状態が続く?

元・ファミ通編集長 浜村弘一氏によると、「品不足は、このまま年末まで続いちゃうんじゃないかな。」とのこと。
もし本当に年末まで品薄が続くなんてことになったら、驚きですね。
任天堂にとってはうれしい悲鳴かもしれませんが。

今後も『ウルトラストリートファイターII』、『聖剣伝説コレクション』、『ARMS』などの発売も控えていますし、まだまだ勢いが続いていくのは間違いないと思います。

スポンサーリンク