SIE ワールドワイド・スタジオ 吉田修平氏へのインタビューがファミ通に掲載。Switchについても

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント「吉田修平」氏へのインタビューがファミ通.comに掲載されています。

このインタビューの中で、Nintendo Switchについて言及がありました。

――今年もプレイステーションはブースを出展していますが、手応えはいかがですか?

吉田 ありますよ! さらに言えば、任天堂さんや日本一ソフトウェアさんも出展を果たしてしいて、そういった意味では業界全体を通して、インディーゲームに力を入れているという空気が伝わっているのではないでしょうか。盛り上がり感はあると思いますね。

――たしかに、任天堂もインディーゲームに積極的に取り組んでいるという印象がありますね。インディーゲームデベロッパーもNintendo Switchには積極的なようです。

吉田 すごくいいと思いますね。うちはインディーゲームクリエイターへのサポートを、これまで一生懸命やってきていて、すごくいいインディーゲームをたくさん出していただいているのですが、任天堂さんも、最近はすごくいいインディーゲームデベロッパーさんにアプローチされて、ミドルウェアのサポートもできるだけ早いタイミングで、ということで努力されているようですので、それはインディーゲーム業界にとってもすばらしいことだと思います。

――インディーゲームの活性化にもなると?

吉田 任天堂さんのユーザーさんとプレイステーションのユーザーさんは重ならない部分もけっこうありますから、それだけ多くのユーザーさんにゲームを届けることができるじゃないですか。Nintendo Switchは、インディーゲームデベロッパーからすると、移植がしやすいという側面もあるのではないかと思います。
情報源:ファミ通.com

インディーズゲーム業界が活性化するように、一緒に盛り上げていこうって感じですね。

それと、ソニー関係の方がこうして好意的に話してくれるのは嬉しくなりますね。
お互い、ゲーム業界を盛り上げるために頑張って欲しいです。