『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』についてファミ通が任天堂に取材を行う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月5日(木)に発売予定の『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』について、ファミ通が任天堂に取材を行ってくれたようです。

気になる質問への回答が掲載されているので、チェックしてみてください。

Q.国内版、海外版の収録タイトルは、どのように選定されたのでしょうか?
A.人気があって、知名度、ボリューム感があり、幅広いユーザーにとって魅力と映るようなラインナップを、お求めやすさとのバランスも考慮して厳選しました。

Q.『スターフォックス』、『スターフォックス2』、『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』はスーパーFXチップを採用しているタイトルです。バーチャルコンソールでも配信されていないタイトルですが、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンだからこそ収録できたのでしょうか? チップをニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンに搭載しているということでしょうか?
A.スーパーFXチップを搭載したソフトは、バーチャルコンソール化が難しく、これまで配信していませんでしたが、今回発売するミニスーファミでは、その問題をクリアし、それらのタイトルをラインナップに入れました。ハードにチップそのものを搭載しているというわけではありません。

Q.ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータは、完売が続出するほどの人気でしたが、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンについて、出荷台数を前回よりも増やす予定などはありますか?
A.市場の状況を見据えながら、生産体制の整備に努めてまいります。具体的な数量はお答えできませんが、国内市場向けの初回出荷台数は、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の初回出荷時よりも多くなる予定です。

Q.ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータは、一定期間で販売が一旦終了しましたが、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンも一定期間で販売終了する予定などはあるのでしょうか?
A.2017年末まで継続して生産・出荷を行う予定ですが、来年以降については、現時点で発表できる内容はございません。
情報源:ファミ通.com

やはり興味深いのは出荷台数でしょう。
具体的な数字は述べられませんでしたが、昨年発売されたミニ・ファミコンこと「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の初回出荷時よりも多くなる予定と任天堂は話しました。

なお、米任天堂も『Super Nintendo Entertainment System Classic Edition』の生産量を大幅に増加すると海外メディアの取材に対して答えていることから、初回出荷量が増えるのはほぼ間違いなさそうです。

とはいえ、どちらもどれくらい出荷されるかは明言されていないため、ミニ・ファミコン同様に入手しずらい状況になる可能性があります。
予約が開始されたらすぐに予約したほうが良さそうです。

また、今後の生産計画については「2017年末まで継続して生産・出荷していく予定。」と答えたようです。
米任天堂も同じことを言っていて、2018年の生産計画については答えることが現時点で出来ないそうです。

いつまで生産されるか分からない以上、欲しい方は早めに入手するのが良さそうですね。
そして、ミニ・ファミコンの二の舞にならないよう、欲しい人の手にちゃんと届くくらい大量に生産してもらいたいです。

スポンサーリンク