Switch版『SELF』が2019年に発売決定!シミュレーションとパズルの仕組みを持つKafkaesque系サスペンス・アドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


SteamItch.io向けとして開発されている『SELF』が、Nintendo Switchにも対応することがパブリッシャーのindienovaからアナウンスされました。
発売時期は2019年 Q3が予定されています。

本作は、doBellによって開発されている、シミュレーションとパズルの仕組みを持つKafkaesque系サスペンス・アドベンチャーゲームです。

私の父がいなくなったが、私だけがそれを知っています。
私の父親のことを話した後でさえも、私の母親を含め誰も気づいていない。
私は一人で彼を取り戻すために旅に出る必要があります。

このゲームでは、夢、現実、記憶、そして真実の間の境界はすべて拡散しています。
そしてあなたは多くのパズルと挑戦に出会うでしょう。
あなたは選択をする必要があり、それは非常に異なった結末に導きます。
手がかりをつなぎ合わせて、物語を完成させます。
しかし、この内省的な旅で自分自身(自己)を見つける機会をつかむことができるだろうか?

<主な特徴>
■ストーリー全体がインタラクティブなレトロ画面で表示されます。
■『Undertale』と『Just Shapes&Beats』にインスパイアされたBullet hell(弾幕系シューティング)ミニゲーム。
■印象的なピクセルスタイルの線画による独自の解釈と、感情に訴える体験。
■マルチエンディングによる断片ナレーション。

下記に海外版の紹介映像があるので、興味のある方はチェックしてみてください。

情報源:Go Nintendo

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク