新生“SEGA AGES”で『アレックスキッドのミラクルワールド』『ゲイングランド』がSwitchで復刻決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月14日~15日の期間に開催されている「セガフェス 2018」の2日目で、Nintendo Switch向けとして展開される新生“SEGA AGES”の新情報が公開されました。

情報まとめ

●3DSで発売されていた「セガ3D復刻アーカイブス1~3」が好評だったため、Nintendo Switchで新たに展開することにした。

セガ3D復刻アーカイブス1・2・3 トリプルパック - 3DS
セガゲームス (2016-12-22)
売り上げランキング: 1,517

●最低でも全15タイトルを収録。15タイトル以上やると思うが、15タイトルと思っていてください。

●第一弾としては15タイトル。ご支援があれば、今後も続けていきたい。メガドライブやアーケード、マスターシステムなどで終わりたくない。SEGAには色々資産がある。ドリームキャストまで広げていきたい。みんなが15タイトル全部ダウンロードしてくれたら実現できるかも。

ドリームキャスト本体( MILCD対応 )
Sega
売り上げランキング: 12,817

●2018年夏より多数のタイトルを続々と展開予定。日本・北米・欧州で同時に発売する。

●第一弾として昨日発表されたタイトルは、『ソニック ザ ヘッジホッグ』『サンダーフォースIV』『ファンタシースター』の3本。

●ソニックは「スピンダッシュ」など3DS版の要素が全て入っている。追加要素として、MEGA PLAY版(アーケード版)が収録されている。

●『サンダーフォースIV』は、メガドライブ版の完全移植。セガサターン版の追加要素も入っている。サターン版にあったキッズモードなども入れたい。オンラインランキングも入れたい。処理落ちなどは当時(メガドライブ版)のものをあえて再現。当時のをなくすと難易度が変わってしまうので、あえて再現することにしたとのこと。





<プレイ動画>

●『ファンタシースター』は、PS2版ファンタシースターコレクションの要素を網羅。さらに、遊びやすさを分かる形で収録したい。今風の難易度に。

『アレックスキッドのミラクルワールド』『ゲイングランド』が、新たに発表された追加タイトル。

●『アレックスキッドのミラクルワールド』は、ジャンプや攻撃ボタンの配置を自分で選べる。PS3版にあった特殊なゲームモードも収録。

●『ゲイングランド』は縦画面に対応。メガドライブ版ではなくアーケード版の移植に。3DSには移植できなかったが、ついにSwitchで移植が実現できた。

●今回はあまり発表できなかったが、アーケードゲームはメインでたくさん用意している。次の発表を楽しみにしていてくださいとのこと。

●いろいろなコラボも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク