Switch版『Sea of Solitude: The Director’s Cut』が海外向けとして2021年3月4日に発売決定!

スポンサーリンク

パブリッシャーのQuantic DreamとデベロッパーのJo-MeiGamesが、Nintendo Switch版『Sea of Solitude: The Director’s Cut』を海外向けとして2021年3月4日に発売することをアナウンスしました。
物理的にもリリースされる予定です。

本作は、怪物になってしまった孤独な少女ケイの旅を描いた、情緒あふれるアクションアドベンチャーゲームです。
このDirector’s Cut版には、カスタマイズ可能なフォトモードやジャイロ操作などNintendo Switch専用の機能も備えています。

以下、Steamの商品紹介ページよりオリジナル版の概要です。

人は孤独になりすぎると、怪物に変わってしまう…
光と闇の美しく進化する世界を航海し、人間であることの意味を解き明かそう。

人は孤独になりすぎると、怪物に変わってしまう…

「Sea of Solitude」は、少女の孤独の旅にあなたを連れ出す。美しく進化する世界を航海しよう、そこではすべてのものが見た目どおりではない。不思議な怪物やモンスターに出会い、そのものたちのストーリーを知り、いろんなチャレンジを解決しよう。水没都市を探検しよう。時にはボートで、時には徒歩で。あるいは水の中を泳いで。敢えて表面下の真実を見据え、闇と光の絶えない苦闘の中、人間であるということの真の意味を解き明かそう。

【主な特徴】
■感傷的な旅 — 「Sea of Solitude」で、情緒あふれるアクションアドベンチャーに旅立とう。ケイが内なる孤独を克服しようと葛藤する中で、プレイヤーは彼女の心に触れていく。プレイヤーは地上で、時には水中でケイを助けなければならない。光と闇の心震える物語が紡がれる中、彼女の孤独の海の中で彼女を導くのだ。

■比喩的な世界 — 旅が進むにつれ、ケイの暗く荒々しい環境は変化し、世界を光と色の輝きで満たし始める。彼女自身の精神状態を反映して、水位が上下する。これにより、水にあふれた街の景色が新たなエリアへと変化し、プレイヤーは探索する上で新たな困難に立ち向かう。

■内に潜む怪物と対峙 — 不思議な生き物たちと出会い、パズルを解き、汚れた記憶の世界を浄化しよう。数々の美しくも恐ろしいモンスター、そのそれぞれが秘める孤独の葛藤が語られる。これらのモンスターを克服していく中で、ケイは彼らについてだけでなく、自分自身についても学ぶ。そして、人間であることの意味を。

■EA ORIGINAL — EA Originalsは世界中の熱意と才能あふれる独立ゲームスタジオが光を浴びるのを手助けします。人々を魅了し、インスピレーションを与えることが大好きな創造性あふれるゲーム製作者がお届けする、革新的で忘れられないゲーム体験を解き明かそう。