任天堂・古川俊太郎社長「(中国市場で) Nintendo Switch Liteの投入を検討している」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂・古川俊太郎社長のインタビューが、産経ニュースに掲載されました。
その中で、中国市場での今後の展開として「Nintendo Switch Liteの投入を検討している」と話していたことが判明しました。

――中国市場での今後の展開は

「ソフトについては、1月をめどに『マリオカート8デラックス』と『スーパーマリオオデッセイ』を投入する。その後、任天堂以外の他社のソフトもテンセントを通じて販売していく計画だ。開発中のソフトも含め、徐々に展開するソフトを増やしていきたいと考えている。ハードについては、日本などで昨年9月に発売した『ニンテンドースイッチライト』の投入を検討している」

中国では2019年12月10日に「Nintendo Switch」が正式に発売されてますが、日本や北米・ヨーロッパなどで昨年リリースされたNintendo Switch Liteは発売されていません。
しかしながら、うまくいけば中国でも発売されることになるでしょう。

産経ニュース

ほか、年末年始に掲載された関連記事・インタビューは下記から読むことができます。
※一部有料記事もあります。

任天堂スイッチの中国進出 「3度目の正直」なるか
「スイッチ」進出で中国を第4の柱に 任天堂社長・古川俊太郎氏
任天堂・古川社長、「不可能を可能に」常に自問
<聞き手から>実務家トップ 変化読めるか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク