スマブラ風の対戦アクション『Roof Rage』のSwitch版は2018年に配信を計画。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switchへの移植を視野に入れてると発表されていた『Roof Rage』ですが、2018年内に配信を計画されているということがAUTOMATONの記事によって判明しました。
まずは6月8日にSteamの早期アクセス版が開始され、Switch版は年内予定とのこと。

また、開発元Early MelonのJérémie Klemke氏は「日本での発売も予定している。」と話しています。

本作は、韓国のデベロッパーEarly Melonによって開発されている、ドット絵が特徴的なスマブラ風の2D対戦アクションゲームです。
最大8人までの対戦をサポートしてます。
(ローカルモードは最大8人対戦、オンラインは1対1での対戦)

武道やアジアの文化から影響を受けていて、グラフィックからもそれが見て取れます。






以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

「Roof Rage」は簡単そうで奥が深い、スピーディー格闘ゲーム。

「Roof Rage」のゲームプレイは非常に独特で、自分だけのコンボを構築したり、ハイレベルな熱い戦闘を繰り広げたりすることができる。
選べるキャラは総勢8人、プレイスタイルもそれぞれ大きく異なっている。
「Roof Rage」はその戦闘も多種多様だ。屋根瓦を投げつけ、逆に受け止め、敵の飛び道具をかわし、ウェーブダッシュや回避で敵の攻撃を避け、強力な攻撃で敵にトドメをさせ。
東洋文化をベースにした、特徴的な8つの「屋根上」ステージから、決戦の場を選ぼう。

ゲーム内容:
●最大8プレイヤーのローカルモード
●タイマンのオンラインモード。ランダムマッチで今すぐ戦うもよし、フレンドを招待して実力を競い合うもよし
●ローカルモードでは乱闘モード、チーム戦、スコア戦、そしてトレーニングモードも揃えているぞ
●強敵のCPUに挑め、レベルは9段階
●3500を超えるスプライト、圧倒的リアリティのドット絵アニメーション
●16ビットの良BGMが10曲+そのそれぞれにSHOWDOWNバージョンが

今後追加予定の機能:
●ランク戦などの新ゲームモード
●新キャラクター
●新ステージ
●チュートリアル
●ストーリーモードも?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク