Switch版『Rogue Bit』のゲームプレイ動画が公開!レトロスタイルのプログラムパズルゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


レトロスタイルのプログラムパズルゲーム『Rogue Bit』のNintendo Switch版が、3月21日より北米eショップにて配信が開始されました。
販売価格は$4.99に設定されています。

プレイ動画が公開されたので、概要と共に下記からチェックしてみてください。
(概要は機械翻訳によるものです。)

1ビットのコンピュータメモリが知覚力を持つようになり、デジタルから現実の世界に逃げることにしました。
RAMを調べ、バイトを変更し、マシンコードとCPUレジスタをハックして解放します。

ある程度プログラムの知識があるとゲームが簡単になりますが、必須ではありません。
パズルを解くために必要なすべての要素はゲーム内で説明されています。

どうやってプレイするの?
あなたはコンピュータメモリの単一ビットとしてゲームをプレイします。
あなたは周りの他のバイトに侵入して、それらの値を修正することができます。
このゲームには、さまざまな種類のパズルがあります。

1.探検する
隣接するバイトをXORする機能を使えば、メモリ内の既存のデータをナビゲートすることができます。
ゲームは自動的に上書きされない限り通過できないバイトに自動的にマークを付け、それらが入力されるのを防ぎます。
バイナリビューとASCIIビューの両方を使用して、特定のパズルのためのオープンパスを見つけることができます。

2.プログラムを解読する
逃げようとしているコンピュータ上でさまざまなプログラムが実行されます。
このゲームには、実行中のマシンコードに対応するアセンブリ言語を表示する逆アセンブラが含まれています。
アセンブリがわからなくても心配しないでください。
CPU命令はほんの一握りしかなく、パズルを終えるにつれて徐々に導入されます。
アセンブリコードを読み込むことで、プログラムロジックを追跡し、RAMのどの部分を読み書きするかを確認したり、それらの場所にあるデータを操作して、プログラムに必要な動作をさせることができます。

3. CPUレジスタへの侵入
エスケープしようとしているコンピュータには、いくつかのレジスタを持つ単純なCPUを持っています。
CPUをだまして自分自身をレジスタにロードし、コードの実行に影響を与えたり、アクセスできない他のメモリ位置に自分自身をオフロードすることができます。

4.ハック
パズルによっては、RAMやレジスタのデータを変更するだけでは不十分です。
コンピュータに別の処理を実行させるために、マシンコードを変更することもできます。

ゲームプレイのヒント:
画面上のバイト数とCPUの動作を注意深く観察してください。
時には、簡単な方法でコードを読む必要があります。
場合によっては、逆方向の作業が必要になることもあります。
実行したいコードの行を見つけ、コードを逆方向にトレースして、CPUを騙してその命令を取得する方法を見つけます。

ゲームは約30パズルを持っていますが、中には解決するためにかなりの努力をするのもあるかもしれません。
だから、無理をしないでゆっくりやってください。
あなたが偶然パズルを解いた場合、なぜそれが起こったのか理解するまで先に進まないでください。
あなたは細かいことを見落として、次のパズルに完全に行き詰まるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク