360°シューティングアクション『RIVE:アルティメットエディション』が12月14日に国内配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch用ソフト『RIVE:アルティメットエディション』が、本日2017年12月14日から配信されることがフライハイワークスから発表されました。
販売価格は1,500円(税込)です。

本作は、スパイダー型の自機を操作してステージを突破していく、360°に展開するシューティングゲームです。
Steamでは2016年9月に配信されていて、Switch版は移植作となります。

以下、本作の紹介映像と概要です。

RIVE:アルティメットエディションは、スパイダー型の自機を操作し、 行く手を塞ぐすべての敵に弾を打ち込みぶち壊しながら、 地上、水中、無重力空間などの様々なステージを突破する、 360°シューティングアクションです。
ゲーム中では、360°全方位にぶっぱなすことが出来る標準装備のマシンガンのほか、 「ファルコンアタック」「テスラアタック」などのスペシャルアタックで敵を攻撃できるほか、 さらに一部の敵は「ハッキング」することで味方にすることが出来ます。

「RIVE:アルティメットエディション」では、 Nintendo Switch版だけの特徴として「HD振動」を搭載。
アタックをぶっぱなす感覚や、ダメージを受けた感触が、 よりダイナミックに伝わってきます。
さらに、「RIVE:アルティメットエディション」では Nintendo Switch版のみの要素として「協力モード」を搭載。
「おすそわけプレイ」で1つの自機を2人で共同操作することが出来ます。

また、「RIVE:アルティメットエディション」はオンラインランキングに対応。
各ステージのスコアを世界中のプレイヤーと競うことが出来ます。
各ステージの稼ぎポイントを見極め上位を狙え!

スポンサーリンク