Switch版『リスキーレスキュー』が2019年12月19日から国内配信開始!アーケードスタイルのへリコプターアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『リスキーレスキュー (Risky Rescue)』が、2019年12月19日から配信開始となりました。
販売価格は500円(税込)に設定されています。

本作は、受賞歴のある「Timberman」のクリエイターによって開発された、フラットデザインのグラフィックと革新的なコントロールを備えたアーケードスタイルの人命救助/へリコプターアクションゲームです。
ヘリコプターを飛ばして、人々を救う危険な任務を遂行してください。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

危険な救助(レスキュー)に挑戦!
シンプル操作が楽しい、へリコプターアクションゲーム!

左右の操作だけで、ヘリコプターをコントロールして、山やビル、飛行機など、障害物を避けながら、人命救助を行うアクションゲームです。全50ステージを収録しています。
各ステージには、3~10人の要救助者がいます。全員を救助して、スタート地点に戻ればクリアとなります。全ステージ完全制覇を目指しましょう。ステージクリア後にはお金が獲得できますので、速度、加速、減速、ライフなど、より性能の高いヘリコプターの購入も可能です。
世界中のプレイヤーとスコアアタックができるオンラインランキングにも対応したエンドレスモードは、自機が破壊するまで、できるだけ多くの救助者を救うことが目的となります。さらに、相手プレイヤーより、多くの人を救助できるかを競う、画面分割の2P対戦モードもお楽しみ頂けます。

© 2019, Original version developed by Digital Melody, Nintendo Switch version developed and published by Forever Entertainment S. A.

スポンサーリンク