PS4&Switch&PC用ソフト『Rangok Skies』が外向けとして2020年 Q4に発売決定!数々の名作から影響を受けた縦スクロールSTG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


パブリッシャーのDigeratiとデベロッパーのSamurai Gamesが、PS4&Nintendo Switch&PC用ソフト『Rangok Skies』を海外向けとして2020年 Q4に発売することを発表しました。

本作は、「怒首領蜂」や「ガンバード」、「ストライカーズ1945」といった名作STGからインスパイアを受けて開発された、縦スクロールのシューティングゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

戦争が始まった!
「Rangok Skies」は超名作の数々にインスパイアを受けて開発された縦スクロールシューティングゲームだ。選択できるキャラクターは4人、それぞれに独自のシップ、武器、ボムを操る。

「Rangok Skies」はシューティングゲームの超名作「怒首領蜂」、「ガンバード」、「ストライカーズ1945」などにインスパイアを受けて開発された縦スクロールシューティングゲームだ。

【ゲームの特徴】
■パイロット選択:4人のキャラクター、それぞれ独自のシップ、武器、ボム、そしてストーリーエンディングあり

■ソロモード:ライフは3つ、コンティニュークレジットは3回分でスタート。この条件でゲーム攻略を目指せ!

■オンラインランキング:ランキングも複数ある。Terminators(ターミネーター)、Masters(マスター)、Heroes(ヒーロー)、Babies(ベイビー)。失ったライフ数やコンティニュー回数、そして獲得スコアで順位は決する

■精度重視のオートショット:ショットボタンを長押しでシップの動きが遅くなり、より正確な動きが可能となる

■スペシャル武器:多くの敵や弾丸をまとめて始末する大量破壊兵器

■メガボム:画面内を一掃する破壊力、厳しい状況を一瞬で打破できる

■ミニアイテムやリワードの収集:火力アップ、メガボムメーターのチャージ、スコアブースト

■激烈なる5つのステージ:それぞれに特徴的な敵キャラ出現、そして巨大ボス登場

■ローカル協力プレイモード:友達と一緒にランゴク卿を倒そう

■「縦」モード:ゲームセンターの雰囲気を満喫できるモニター縦向き表示機能あり

■60 FPS

■フルスクリーンプレイ

■コントローラー&キーボード(カスタマイズ可能)サポート

【ストーリー】
はるか昔、吸血鬼大戦があった。
悪の化身ランゴク卿を打ち倒し、恐怖の暗黒時代に終わりをもたらさんとして、四つ国が総力を結集した。
魔術師によって創り出されし強力なる武器「ヴァンパイアスピア」を携えて…
かくして四つ国は困難を克服し、ランゴク卿を討ち滅ぼした。
栄光の勝利の後、ヴァンパイアスピアは強き結びつきの象徴として、四つ国にそれぞれ分かたれた。
そして長きにわたる平和の時代が続いた、しかし…

現在。謎の差出人から届いた不可解なメッセージが四つ国を混乱におとしいれていた。
「ヴァンパイアスピアを持ってくるのだ。さすればいかなる望外なる野心も満たされるであろう」
かくして戦争が始まった!

スポンサーリンク