Switch版『Rain City』の国内発売日が2019年6月27日に決定!体験版も配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Switch版『Rain City』の国内発売日が、2019年6月27日に決定しました。
販売価格は820円(税込)です。

本日より、Switch eショップにて体験版の配信も開始されています。

本作は、インディーデベロッパーCotton GameとBig Pineappleによって開発されている、主人公のネコを操作して不思議な町を探索しながら物語を進めていく、絵本のような温かみのあるグラフィックが特徴的なアドベンチャーゲームです。
ゲームにはミニゲームやパズルも含まれています。

数々の謎を解き明かして、連絡が取れなくなってしまった妹を探し出しましょう。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

かわいい動物たちが織り成すストーリーと謎解きが合わさったパズルアドベンチャー!

雨が降り続ける街「Rain City (レインシティ)」にある工場の秘密について、取材に訪れたまま行方不明となっている妹のリアを知的な猫の主人公が探しにくるところから物語は始まる。
妹を見つけ出せたとき、Rain Cityに雨が降り続ける理由が解き明かされる……。

——————–

ヘリコプターに乗ったり、隠し通路を探したり、はたまた研究室で実験したり…、とても冒険的でミステリアスなストーリーです。
プレイヤーは色々なパズルに悩まされながら、Rain Cityを歩き回り、主人公の猫を妹のもとへと導いていきます。
ゲーム内で手に入れる様々なアイテムがパズルを解くカギとなります。

Rain Cityのグラフィックノベル風の絵本のアートは、プレイヤーをその独特な世界観へと引きずり込みます。また、各所に散りばめられたギミックが、あなたの記憶力や思考力をかき立てることで、よりストーリーに深みを与えてくれます。

スポンサーリンク