一般社団法人 日本損害保険協会が外国人の日本における交通ルール・マナーの理解促進や交通事故防止を目的に各種交通事故防止啓発ツールを作成!ポケモンとコラボしたものも登場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人 日本損害保険協会が、外国人の日本における交通ルール・マナーの理解促進や交通事故防止を目的に各種交通事故防止啓発ツールを作成しました。
ポケモンとコラボしたものもあります。

詳細は下記の通りです。

外国人向け交通事故防止啓発チラシ・リーフレット等を作成

~急増する「ながらスマホ」、外国人に多い出会い頭と右直事故防止を啓発~

一般社団法人 日本損害保険協会(会長:金杉 恭三)では、外国人の日本における交通ルール・マナーの理解促進や交通事故防止を目的に、各種交通事故防止啓発ツールを作成しました。

在留外国人向けには、12月から厳罰化された「ながらスマホ」禁止と外国人に多い交通事故のポイント等をまとめた4か国語の啓発チラシ、英語版の「ピカチュウ反射リストバンド」を作成し、外国人居住者の多い自治体等と連携して配布します。

訪日外国人向けには、レンタサイクルやシェアサイクル利用時の自転車の交通ルール・マナー等をまとめた啓発リーフレットを作成し、観光関連団体やレンタサイクル・シェアサイクル事業者等を通じて配布します。

今後も、訪日・在留外国人の日本における安心・安全な生活・滞在に向けて、外国人の交通事故防止等に取り組みます。

■在留外国人向け交通事故防止啓発チラシ(表面)

■在留外国人向け交通事故防止啓発チラシ(裏面)

1. 在留外国人向け啓発ツール
(1)「交通事故防止啓発チラシ」(A4、英語・中国語(簡体字/繁体字)・ポルトガル語の4か国語)

チラシの表面では、12月から厳罰化された「ながらスマホ」の禁止をポケモンのイラストを用いて注意喚起しています。また、チラシの裏面では、以下の4点の交通事故防止メッセージを記載しています。

・運転中のスマホ使用は絶対にしないでください。地図の確認等は安全な場所に停止してから行いましょう。スマホ使用で事故を起こすと、通常の事故より厳罰に処せられます。(12月1日施行 改正道路交通法 第七十一条 五の五)

・外国人が関与する事故のうち、多いのは出会い頭と右直事故です。無信号の交差点は特に注意しましょう。どちらも周囲の確認不足が主な原因で、無理な右折や通過は厳禁です。(参考:公益財団法人 交通事故総合分析センター「イタルダインフォメーション No.132」ほか)

・日本の歩道には狭いところも多くあります。通行時は、他の歩行者たちへの配慮を忘れないようにしましょう。特に、夕方・夜間は不注意による交通事故も発生しやすいので注意しましょう。(参考:警察庁統計ほか)

・歩きスマホは危険なので、やめましょう。また、日本の歩道は歩行者だけでなく、自転車も通行します。あなたが他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまった場合は、高額の賠償責任を負うこともあります。

(2)ピカチュウ反射リストバンド(英語版)
2019年6月に作成した「ピカチュウ反射リストバンド」の英語版を新たに作成しました。

■ピカチュウ反射リストバンド(英語版)

■リストバンドに同封している説明台紙

(C)2019 Pokemon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

2. 訪日外国人向け啓発ツール
(1)自転車マナー啓発リーフレット(A3、六ツ折短冊型、英語版)

・リーフレットの表面では、一時停止標識での左右の安全確認、自転車の左側通行(車道の左側を走る)といった交通ルールや信号機があるとき・ないときの安全な通行方法、ヘルメット着用必須、飲酒運転禁止などの法令順守・交通マナーなどを呼び掛けています。

・リーフレットの裏面では、レンタサイクルやシェアサイクルを利用する外国人観光客向けに東京都内の有名サイクリングスポットの地図を掲載しています。

■訪日外国人向け自転車マナー啓発リーフレット(表面上段)

■訪日外国人向け自転車マナー啓発リーフレット(表面下段)

■訪日外国人向け自転車マナー啓発リーフレット(裏面)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする