ガンホーの森下一樹氏へのインタビューが掲載! Switch向けのゲームも取り組んでいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Lifeにガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長・森下一樹氏へのインタビューが掲載されています。

ガンホーはNintendo Switchのパートナー企業に入っていますが、Switch向けのゲームも開発中のようです。
インタビューの一部を抜粋しました。

インタビュー抜粋

Q.スイッチ用の新しいタイトルがあると聞きました。それについて私たちに教えることはできますか?

「設計段階ですが、現在開発中のタイトルがいくつかあります。これはアクションタイトルです。後ほど詳しく説明しますが、開発の初期段階は実際には約4~5年前に始まりました。それは時間の経過とともにインキュベート(育てる)されていました。スイッチが発表されたとき、私たちは新しい種類の技術を使ってこのプロジェクトに適していると感じました。」

「そして、パズル&ドラゴンズはモバイルで始まりましたが、『パズドラZ』、『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』、『パズドラクロス (日本版)』も3DS上にあります。これらのスピンオフタイトルはすべて任天堂のプラットフォーム上にあるため、このIPをスイッチに潜在的に持ち込む可能性があるかどうかを検討しています。しかし、現時点ではパズドラに何の関係もありません。」

Q.パズドラを海外(西側)に持ち込むのは、(特に)3DSのバージョンではどうだったでしょうか? パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディションに対する欧米の対応は?

パズドラはパズルゲームですが、必ずしもパズルゲームにする必要はありませんでした。パズルアクションゲームです。ドロップを自由に動かすことができるのでパズルゲームのように見えますが、パズルの部分はカジュアルなアクションゲームです。そのゲームプレイスタイルは普遍的に魅力的だと私は感じているので、世界中の誰でもゲームプレイ自体を楽しむことができます。

しかし、日本版には特殊な要素がいくつかあります。欧米でどのようにその要素が取り除かれるかは正確には分かりませんでした。

世界的に目指そうとした方が良いかもしれません。私たちは、グローバル(世界)な焦点でタイトルを制作し、世界的にリリースする予定です。
日本だけでなく、世界の他の国々にも広がっています。 言い換えれば、私たちが取り組んでいるスイッチのタイトルがそのパターンに従うと期待できます。

Q.マリオ以外に、あなたはパズルとドラゴンズと一緒にやりたいと思う他の夢のクロスオーバーはありますか?

スマートフォン版ゲームでは、『ファイナルファンタジー』、『モンスターハンター』、『ドラゴンボールZ』などの他のIPとの共同作業を実際に行っています。それらはうまくいきました。

個人的なことになりますが、私の夢のクロスオーバー?
マリオは究極のものです。その次はゼルダです。
他の任天堂のタイトルはもちろん素晴らしいですが、特にゼルダです。私たちがそれをうまくいかせる方法があるかは別の話ですが、可能であれば面白いでしょう。
(ゼルダ以外にも『スプラトゥーン』にも興味を示していました)

といった感じのインタビューでした。
Switchに向けて何か動いていそうな感じですね。

なお、インタビューの最後で森下氏は、Switchの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が好きと述べていました。
まだ終わらせたくないとのことですが、『マリオオデッセイ』か『スプラトゥーン2』が出てくる前には終わらせないといけないと話していました。

情報源:Nintendo Life

スポンサーリンク