Switch版『Ori and the Blind Forest: Definitive Edition』が2019年9月28日に配信決定!日本から多大な影響を受けた2Dプラットフォームアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Ori and the Blind Forest: Definitive Edition (オリとくらやみの森)』が、2019年9月28日に配信されることが本日放送された「Indie World Presentation 8.19.2019」でアナウンスされました。
海外と同日(海外9月27日)に日本でもリリースされます。

本作は、海外スタジオMoon Studiosによって開発された、2Dプラットフォームアクションゲームです。
日本から多大な影響を受けて開発されており、宮崎駿監督やスタジオジブリ作品から特に強い影響を受けています。

以下、Xboxの商品紹介ページから「Ori and the Blind Forest: Definitive Edition」の概要です。

従来版からの変更点
•新しい追加コンテンツ: 新たなエリア、秘密、能力、ストーリー、複数の難易度モード、やり直しのフルサポート、などなど!
•2つの全く新しいステージで、ナルの過去を解き明かしましょう。
•2つのパワフルな新能力、「ダッシュ」「ライトバースト」を習得しましょう。
•新たに登場する秘密のエリアを見つけ、ニブルの森を風のように探検しましょう。精霊の泉間でテレポートができるようになります。

ニブルの森が滅びようとしている – 強烈な嵐が悲惨な出来事を次々に巻き起こしていった後、オリは勇気を見出す旅に出発し、ニブルの森を救うため闇の根源に立ち向かう。「Ori and the Blind Forest」は、英雄になる運命を背負った親なき子の冒険譚。Moon Studio 制作の、目を見張るほど美しいグラフィックが広がるプラットフォーム アクション ゲームです。手塗りのアートワーク、細やかに動くキャラクター達、本作のための書き下ろし楽曲、そして決定版ならではの数々の特長を盛り込み、「Ori and the Blind Forest」は、愛と献身、そして私達一人一人の中に存在する希望をめぐる、心の奥深くに響く物語を描き出します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク