『OPUS: 星龍の響(仮題)』が2021年に発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


SIGONOが、『OPUS: 星龍の響 (仮題)』(OPUS: Echo of Starsong)を2021年に発売することをアナウンスしました。

対応プラットフォームは未発表ですが、「OPUS」シリーズ作品の『OPUS-地球計画(OPUS The Day We Found Earth)』『OPUS 魂の架け橋 (OPUS Rocket of Whispers)』はNintendo Switchでも利用可能なので、最新作もSwitchに対応する可能性はあります。

以下、本作の概要と予告編映像です。

「君の声を持って行くよ、未来の君を呼ぶために」

古の太陽系にある幾千万もの小惑星の中には、歌でしか呼び出せない遥か東からの命の流れ——「竜脈」——が隠れている。

《OPUS:星龍の響(仮題)》は、様々な東洋神話を素材に練り上げたスペースオペラ。少女の声を借り宇宙の竜脈を辿る少年の冒険物語。


「龍脈に入るけど、覚悟はいい?」
We’re at the cave’s entrance. Are you ready?

「心配ないよ、君の唄が導いてくれるからさ」
Don’t worry your voice will guide me.

「ねぇ、星明りって咲き乱れた花のようだと思わない?」
Hey, look at the shimmering lights…
It’s like a field of flowers, isn’t it?

SIGONO インディーズゲーム《OPUS:星龍の響(仮題)》
2021年リリース予定

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク